アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、林孝彦展を開催中です。

林孝彦銅版画展
2月6日(土)~21日(日)11:00~19:00 水・木休み

林孝彦は国際的に活躍する作家です。

様々な質感の紙、様々な色合いの紙をパッチワークのように張り合わせ自然の中に立ち現れる文様、波しぶき、荒波、渦巻き、川の流れ、竜巻、星雲などを想起させるような曲線をいろんな色を交えながら力強いタッチで描いたり、柔らかな線で描いたりして一つの作品にしています。

178縮

それらの作品は作家の意思から離れ、独立した作品として自立していて力強い輝きを有しています。

183shou.jpg

林孝彦は創り上げた作品一つ一つ作家の感情から独立した自立した「物」としたいと考えて制作しているのです。

しかし、日本の各地に伝承されている色合いや、紋章のようなものが立ち現れ日本発の個性的な抽象絵画として海外で絶大な人気を博しているのです。

208s縮

是非ご覧ください。




スポンサーサイト

今村由男展開催

今村由男展 
1月16日(土)~31日(日)
11:00~19:00 水・木休み

今村由男は信州飯田市に生まれ、豊かな自然に囲まれその恵みを受け育ち、南アルプスを背景に大自然の声を聴きながら作品を作ってきた作家です。どの作品にも草木や星座が描かれています。大自然や果てしない宇宙の神秘に驚異しながら描かれたことでしょう。

2.jpg

グラフィックデザイナーから中林忠良氏を師に仰ぎ版画家に転身してからあらゆる版画技法を極め、金箔、銀箔を駆使し見事なカラーエッチング、カラーメゾチントを創り上げています。

また、近年はヨーロッパの古城や歴史的建造物にも関心を持ち、たびたび取材旅行にも行き、その成果が版画に反映されています。

DSCF33971.jpg


自然観と宇宙観に支えられた神秘的な独特の世界を描く今村由男の世界をぜひご覧ください。



武田あずみ & 宮田雪乃 銅版画展

 現在、武田あずみと宮田雪乃の銅版画展を開催中です。
 会期:11月13日~29日 11:00~19:00 水・木休み

武田あずみと宮田雪乃は二人とも銅版画に取り組む作家です。
しかし、その作風は全く違います。

まず、武田あずみを紹介しましょう。
武田あずみは、情報は氾濫しているけれど言い知れぬ孤独感や閉塞感を感じる現代社会を独特のシニカルな感性とブラックユーモアで文や絵として表現します。彼女のクールな目が現代社会の病巣を見事にとらえていてその面白さにはまってしまいます。絵と文が一体化した極めて不思議な作品だと言えます。

夢見る婦人のは話1
夢見る夫人の話 Ⅰ
スイッチを押すことだけは毎日の日課です。
心無いもてなしでも構いません。
例え、私が言葉にしたとしても、
犬は相槌を打ってはくれません。
当然、一人歩きの心配は全く無用です。

夢見る婦人の話3
延々と、夢見る夫人の話 Ⅲ
青い光で夢が育つことを知らなかったのでしょう。
栄養満点の食事も、欠かすことのない運動も、
快適至極な寝床も、さしたる効果はありませんでした。
青い光の効用に気づけたのなら、
ずっと生きていられただろうに。

宮田雪乃は空白を生かし、物の輪郭さえもが空白に埋没しその原型をとどめておらず、それを再現するのは観るほうに任されているかのような作品です。その描線は一見簡単に描かれているように見えますが実は丁寧に描かれていてしかもリズミカルです。ホックニーの銅版画に見るような軽やかさがあり魅力的です。

yukino縮

yukino4.jpg








 

[野嶋革銅版画展 & 結城泰介銅版画展]

[野嶋革銅版画展 & 結城泰介銅版画展]
10月23日(金)~11月8日(日)
11:00~19:00 水・木休み
野嶋革も結城泰介も銅版画作家として今最も注目されている30代の作家です。二人が駆使する熟練した確かなテクニックの上に織りなす豊かなイメージは観る者の目と心を堪能させてくれます。しかし、二人が取り上げるモチーフは全く違います。

野嶋は自然の風景を切り取って自然の具有する神秘性を白黒画面で追及しています。今回はハスの花をテーマにハスが秘めているエネルギーを活写しています。

野嶋②

野嶋1

勇気泰介は夢をモチーフに描く作家です。心に宿る宇宙的広がりは銀河の広がりのごとくであり、そのような空間にちっぽけな人間や動物や草木達が気持ちよく浮遊しているかのごとく描かれる。それは大自然の営みに逆らうことなく心豊かに浮遊するがごとくで見るものを心地よくさせてくれます。

結城②

結城1





ひびのこづえ「秋の出会い」展覧会 開催中

京都の街並みが紅葉で一段と美しくなる季節がまじかです。そんな街並みをイメージしたワンピースやバッグが並びました。
◎景色をとじこめた服 ◎想いのつまったバッグ ◎胸にとまったブローチ ◎秋に旅するストール ◎おしゃべりなポーチ
などなど。

風景5

風景4

風景1

展示風景3

展示風景2


 
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。