アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/24(火) 驚異の「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」「グレゴリー・コルベール展」!!

東京出張報告4 

4月19日(木)に東京国立博物館で開催の「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」を見に行きました。

 平日の昼過ぎでしたが博物館外壁を取り囲むように長い行列が出来ており、入場まで20分かかる混雑でした。

 館内特設会場はレオナルドが20歳の時に描き上げた「受胎告知」だけの展示だったため大混雑。しかし、警備員に誘導されながらではありましたがいろんな角度から見られるように工夫されており、見せ方としては合格だと思いました。

 レオナルドの作品は10数点しか完成品がありませんが「受胎告知」は「最後の晩餐」に並ぶ名作です。ガイドプレーヤーを借りてみると良いのではないでしょうか。

 特設会場から一旦学外に出て第2会場の新館へ移ります。
 特設会場ではレオナルドの天才の思考過程や秘密がヴィジュアルに見ることが出来るように展示されていました。

 レオナルドの「レスター寄稿」はビル・ゲイツが保持していることで有名ですが、レオナルドは寄稿類(全て鏡文字で書かれています。)を沢山残しており、それには人体解剖の研究や飛行機の研究や流体力学の研究や天体の研究などの成果が正確な図とともに記されています。それらが判りやすく立体模型で復元されており彼の天才振りが如何なく理解できるように展示されていました。これらの研究成果が彼の描く絵画に正確に反映されていることが良くわかりました。

 本物の展示は「受胎告知」だけだった(?)のですが展示に工夫がなされていてレオナルドの天才振りがわかるまれに見る面白い展覧会でした。

 20日(金)にお台場テレポート東京で開催中の「グレゴリー・コルベール展」を見に行きました。これも驚異的な個展でした。

会場風景1
 !cid_A0003.jpg


会場風景2
!cid_A0002.jpg


 カナダのアーチスト、グレゴリー・コルベールの個展です。映画製作から写真へと転向したアーチストですが、2002年に展覧会をするまで10年間作品を発表してませんでした。

 過去15年間、コルベールはインド、エジプト、ミャンマ、トンガ、スリランカ、ケニア、南極、ボリビアなど世界各国をまわり撮影をし、その集大成が今回展示会として発表されています。

 今回の会場は坂茂が設計したもので、コンテナーとリサイクル可能な材料で出来上がった巨大な建造物です。坂は2008年開館予定の新ポンピドーセンターの設計者です。

 この会場で発表された作品は人間と動物との共生を神秘的な映像で展開されるもので驚きの連続でした。この映像はあらゆる人に見て欲しい。
 例えば、象の大群が水浴びする中を少年が共に戯れている映像、鷹を自由に操る女性や少年の映像、豹に寝そべる少年の映像、海中で鯨やいるかと舞い踊る青年など、時間を忘れてみてしまいました。

 コルベールは現代の最も優れた映像作家といえるでしょう。

 パソコンにキーワード「グレゴリー・コルベール」を入力すればHPが出ます。映像も若干入っていますので是非ご覧ください。
スポンサーサイト

4/23(月) 緊急報告!「おすすめの作家たち」を発行する!

 アートゾーン神楽岡から「おすすめの作家たち」を発行しました。

 この冊子には当ギャラリーが自信を持っておすすめする作家25名をご紹介します。

青木野枝、安藤真司、池田満寿夫、今村由男、牛尾篤、海老塚耕一、小越朋子、オノサトトシノブ、金兌赫(KIM Tae-huk)、木村秀樹、小枝繁昭、篠原奎次(しのはらけいじ)、島田章三、橘宣郁子(たちばなせいこ)、二階武宏、林孝彦、樋勝朋巳、筆塚稔尚、舟田潤子、山下清澄、山中現、吉村佳映、吉原英雄、脇田和、綿引明浩

「おすすめの作家たち」の表紙
20070423134000.jpg


中身の一部
20070423134027.jpg


冊子「おすすめの作家たち」をご希望の方々へ

1冊に付き80円切手を同封の上、お名前と送付先をお知らせいただければお送りします。

「アートゾーン神楽岡」の住所
〒606-8311 京都市左京区吉田神楽岡町4
TEL+FAX 075-754-0155

なお、ご来廊いただきました皆様には無料で差し上げます。

皆様のお越しをお待ちしております。

4/23(月) 日本版画協会展と国際コンペPrint Tokyo 2007報告!

東京出張報告3 

 4月19日、東京都美術館で開催された日本版画協会展と日本版画協会創立75年記念「国際版画展Prints Tokyo 2007」を見に行きました。

 この国際コンペには国内から408点、国外から426点、計834点の応募がありましたが、入選点数は120点(入選率14%)でした。
 内 大賞1名、準大賞1名、町田市立国際版画美術館賞1名、佐喜眞美術館賞1名、審査特別賞1名、買上賞2名、賞候補13名で「賞および賞候補」は計19名でしたが、当ギャラリーが取り扱っている作家2名が入っています。また、入選に1名入りました。

二階武宏さん、小越朋子さん、岸雪絵さん、おめでとうございます!!
賞候補 二階武宏 「Cloud」
20070423120642.jpg

なお、二階さんは版画協会展に2点入選し準会員佳作賞も受賞されました。

賞候補 小越朋子 「mute 2」20070423121532.jpg

なお、小越さんは版画協会展に2点入選されました。

「国際版画展Prints Tokyo 2007」入選に今年の7月に個展を行う岸雪絵さんが入りました。

入選 岸雪絵 「cases mountain」
20070423122040.jpg


 当ギャラリーでは将来を担う若手作家を積極的に取り上げてきましたが、それらの若手作家が大きなコンペで入選し、さらに賞候補に入られたことは喜び一杯です。

 従来、東京都美術館で美術団展が行われていましたが、今年からそれらの団体展のほとんどが国際新美術館に移り、版画協会展は今年も都美術館で行われました。
 そのためか、去年までの賑わいが都美術館にはなく寂しい思いをしました。
 日本の版画は世界的にも高い評価を受けており、版画協会は歴史も旧いのに何故国際新美術館で出来なかったのか不思議であり残念です。
 日本美術界の力関係が露呈しているのかもしれません。

次回は東京国立博物館で開催の「レオナルド・ダヴィンチ展」と、お台場テレポート東京で開催の「グレゴリー・コルベール展」の報告をします。



4/22(日) アートゾーンの「六本木」を回遊するーその2

 4月19日(木)、20日(金)と六本木の変貌振りを見て回りました。
まず地図を見ましょう。

20070422123029.jpg


 地図を見れば判るようにトライアングル状に六本木ヒルズの森美術館と、今年オープンした国立新美術館および東京ミッドタウンのサントリー美術館があます。

 この周辺はこの数年の間に様相が一変し現代アートの集積場になりました。とにかくその規模の大きさに圧倒されます。また、各館内は複雑にいりこんでおり、軒を連ねる世界の名店をみて回っていると自分の現在位置をしばしば見失います。1日や2日で町並みを理解するなど不可能なところですね。

 各建物は黒川紀章や隈研吾や安藤忠男など日本を代表する建築家たちによって設計されており、周辺のパブリックアートも国内外の作家の作品で溢れていますね。
 それにしても新世界を見る思いですね。日本の建築設計レベルの高さが実感できます。世界を股に掛け活躍している設計士(設計事務所)が開発した地域ですからね。

 パブリックアートとして六本木ヒルズではルイーズ・ブルジョアの蜘蛛のような彫刻、東京ミッドタウンでは安田侃の彫刻など数々見ることができます。

 !cid_A00010.jpg

 上記は国立新美術館です。東京都知事選挙で名を上げた(下げた?)黒川紀章の設計ですが、他の美術館にないきれいな曲線で囲まれた美術館です。さすが、世界に誇る建築家黒川紀章の設計です。
 国立新美術館ではポンピドー美術館から現代美術を借り「異邦人たちのパリ展」が開催されており見学しました。

 ところで、トライアングルの周辺に新しいギャラリーが増えているようですが、芋洗坂の画廊以外立ち寄る時間がなく残念でした。芋洗坂の画廊はギャラリーコンプレックス(数件画廊が同居するビル)やT&G・ART・TOKYOなど若手作家を扱っており今のアートが見ることができます。

次回は東京都美術館での日本版画協会展の報告をします。

4/21(土)六本木のホテル、グランドハイアット東京に橘宣郁子作品発見!!

 4月19日(木)、20日(金)と二日にわたってあるギャラリーとの打ち合わせで東京へ出張しました。その出張を利用し東京のアートサイトの中心地となった六本木を探索しましたのでその報告をしましょう。

報告1
 現在当ギャラリーで「橘宣郁子展」(~5/1)を開催していますが、橘さんの作品が森ビルに隣接してホテル「グランドハイアット東京」の全客室と各エレベーターを飾っているとのことでしたので見学に行きました。
下記は新国際美術館から見た六本木ヒルズ
!cid_A00013.jpg

下記はグランドハイアット客室の橘作品
20070421141841.jpg

下記はグランドハイアットのエレベーター内橘作品
!cid_A0004.jpg


報告2 新国際美術館の紹介は次回です。


4/9(月) 「橘 宣郁子展」が始まりました!!

 「橘 宣郁子(せいこ)展」が始まりました。会期は下記の通りです。

橘 宣郁子 展
会期 ~5/1(火) 11:00~19:00
           水・木 休み


橘さんは10数年前に単身日本を脱出しサンフランシスコに住まいながら欧米で活躍する作家です。生命の根源をテーマに描き続けていますがそのイメージの豊かさに驚きます。

日本では彼女の作品はほとんど紹介されておりませんが、なんと六本木に2003年オープンしたホテル、「グランドハイアット東京」の全客室とエレベーター内に唯一飾られています。

 日本では「アートゾーン神楽岡」で実質初めての個展となります。下記に数点イメージの異なる作品を紹介いたします。

 一見にしかず! 是非ギャラリーまで足を運びご覧ください。

作品1
20070409133541.jpg

作品2
20070409133506.jpg

作品320070409133442.jpg

作品4
20070409133413.jpg

作品5
20070409133333.jpg

4/7(土) 春爛漫、今日の都は桜満開です!

 4・4(水)に「アートゾーン神楽岡」周辺を散歩しました。この周辺は哲学の道から南禅寺へ、真如堂などご覧ください。20070407114955.jpg


20070407115022.jpg


20070407120114.jpg

20070407120131.jpg

20070407120143.jpg

20070407120156.jpg

20070407120212.jpg

20070407120234.jpg

20070407120247.jpg

20070407120256.jpg

4/2(月) カール・ストーンをご存知ですか?

 カール・ストーンは電子音楽の世界的に名の通った旗手で、自然音や一般的な楽器、よく知られた音楽作品の断片から確信的な旋律を導き出す音の魔術師です。

 こんなすごい演奏家のコンサートが今週の7日(土)にありますよ!

日時 2007年4月7日(土)
場所 アートゾーン神楽岡
開演 15:30
料金 前売券 2300円 
   当日券 2500円
   アートゾーン神楽岡友の会会員 2000円


下記はDMです。クリックすると拡大します。
 20070402163417.jpg


 実はカール・ストーンさんを4月7日から始まる橘宣郁子展の橘さんから紹介していただきました。橘さんはサンフランシスコ在住の版画作家ですがサンフランシスコで知り合われたようです。

 橘さんはカール・ストーンのファンで、今回の個展にあわせカール・ストーンとサンフランシスコで事前打ち合わせを済ませたようです。

 橘個展とコンサートのコラボレーションがどう展開するのか楽しみですね。

 ◎お申し込みは下記まで

  アートゾーン神楽岡
  TEL+FAX 075-754-0155
  E-mail artzone@iris.eonet.ne.jp

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。