アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/30 「傍嶋飛龍展」始まる!!これは面白い!

 傍嶋飛龍さんは30歳を越えたばかりの新進気鋭の作家です。町の中央に相模湖が位置する藤野町で制作を5年前からされている。

 自然が満喫される環境の中で制作された個性豊かな作品群は私達のハートを捉えはなさない。

まずは展示期間から紹介します。

傍嶋飛龍展 5/30(金)~6/17(火)

では展示風景です。

地下はミックスドメディアの大作2点が壁面を飾り、その緻密で奇想天外な世界に圧倒されることは確実です。

IMG_1963.jpg


 傍嶋さんは万華鏡やレリーフも制作されます。

IMG_1962.jpg


 また、自作の太鼓もあります。木口木版もかわいくて魅力的です。

IMG_1957.jpg


 2階フロアーにはドローイングが壁面一杯に飾られています。これがすごい!!!

IMG_1968.jpg


 傍嶋さんは多摩美術大学で版画を学ばれました。1999年に第1回池田満寿夫記念芸術賞展大賞を受賞。2002年には利根山光人記念大賞展ビエンナーレきたかみ大賞を受賞と大活躍です。

 今は版画から多彩な画材を使ってのミックスドメディア、陶芸、ガラス、万華鏡とあらゆるものに挑戦されています。

 傍嶋飛龍展会期後半に飛龍さんによる下記ワークショップをします。
 小学生4年生以上参加できます。ぜひ参加してください。

 タイトル : 「わたしのわた詩の描き方」
 日  時 : 6月15日(日) 14:00~
 場  所 : アートゾーン神楽岡
 内  容 : 作家愛用のクレヨンを使い、アートセッションです。テーマを決めて即興で描きます。太鼓の音、その他いろいろな楽器の音を聞きながら描きます。上手、下手関係なく心の向くまま描く楽しさを学びます。

    

スポンサーサイト

5/21 ひびのこづえ展は来週火曜日(27日)までですよ!

 好評のひびのこづえ展は残すところあと1週間となりました。

 ひびのこづえ展   ~5/27(火)

 バッグもコラージュバッグから変形バッグまで1点1点違うものがずらりと並びましたが、変形バッグや星のバッグなどが品薄になり、追加していただきました。その一部が下記です。

バッグ入荷


 また、トーク・ショーでこづえさんが言っておられた、タオル地の肌触り感抜群で洗濯も濯ぐだけですむパジャマも入荷しました。

パジャマ入荷


 さらに、去年大変評判の良かったエプロンも入荷しました。

エプロン入荷


 それ以外にもたちまち品切れになった、今年の図柄である木々のハンカチやポーチなど新たに入荷しました。

まだご覧になっていない方も、2回目、3回目の方も是非お出かけください。

5/10 「ひびのこづえ展」始まる。

 例年開催している「ひびのこづえ展」が本日5/10(土)から始まりました。

 当ギャラリーは2003年にオープンし今年で5年目に入り、5周年を記念し、ひびのこづえさんにアーチスト・トークをお願いしたところ快く引き受けていただきました。

 今回のトークショーはこづえさんの人気に鑑みて事前申込50名限定で募集したところ、たちまち50名オーバーしてしまいました。その後もEメール、ファックスで相次ぐ申込がありましたが、誠に申し訳ありませんがお断りしました。

 こづえさんは13:00ごろに来られました。

 その頃からトークショー目当ての来客で混雑し始め、トークショー直前には50名を超えました。

IMG_1934.jpg


 トークはスライドを見せながら最近の仕事の動向の話から始まりました。

 歌舞伎の勘三郎さんから依頼され衣装のデザインを始めた話から始まり、歌舞伎界の衣装担当者の頑固な姿勢に閉口したこと、衣装を替えた当座は悪評たらたらだったが最近は好評になったこと、また、最近はオペラのアイーダに挑戦していること、映画では「ゲゲゲの鬼太郎」の衣装に挑戦し舞台衣装係りとの相克に悩んだこと、などなどいづれの世界も玄人の世界に素人が口を出すようなもので、業界のおきてに悩まされながら新しい提案をしてきたことなど、数々の面白い裏話を交えながら話をされた。
 さらに、「にほんごであそぼ」の話や、ウイーンの町に感動したことや、こづえさんの発想やイメージの源泉があらゆる体験のなかから生み出されていることが話の端々から伺えた。
 こづえさんは常にアバンギャルドを目指していたが、何故か歴史と伝統の世界である歌舞伎やオペラの世界に関わるようになった。

 伝統の大切さと伝統を刷新する重要さとのハザマで葛藤しながら新しい世界を提案し続けられているこづえさんはコスチュームアーチストを越えてあらゆる芸術分野に侵食して行き活躍されるだろう。

 熱心に興味深く聞きほれている観客たち
IMG_1935.jpg


 では展示風景を見てもらいましょう。

IMG_1924.jpg


IMG_1932.jpg


 ひびのこづえ展は下記のとおりです。是非、ご覧ください。

 5/10(土)~27(火) 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。