アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/19(土) 平安画廊の店主中島さんの訃報に接して

 平安画廊といえば版画専門に取り扱う老舗です。私は30歳前後からしばしば通ってきた画廊でもあります。その店主である中島さんの訃報を昨日耳にしました。来年に画廊開設40周年を迎える直前の訃報でした。

 中島さんは版画はまだまだマイナーな評価しか得られていない60年代に版画専門画廊を起こしたパイオニアです。

 中島さんから伺ったところによれば、版画家であったお父さんの影響もあり版画専門の画廊にされたようです。また、今のように美術系大学に版画専科はなく油彩系に含まれていた頃でした。そのため版画をする作家を掘り起こすために東京芸大に何度も通われたそうです。

 そんな苦労をしながら版画専門画廊を立ち上げ、以来着実に多くの版画作家が平安画廊から育っていきました。その実績はすごいものがあり、私のようなまだ画廊を始めて5年しかたたないものには足元にも及びません。

 わたしが平安画廊で最初に購入した作品は松谷武判のシルクスクリーンだったと記憶します。松谷氏は現在はフランス在住で国際的に活躍される作家です。

 それ以降、私は平安画廊で様々な作家に出会い版画の虫になったのでした。まさに版画について学んだプライベート・スクールで、中島さんから多くのことを教えられ、中島さんは私の版画についての教師でした。もちろん様々な作品を分けていただきました。

 2003年の春のある日、平安画廊に行ったとき中島さんから「版画芸術に谷口さんをコレクターとして紹介したよ。いずれ取材に行かれるからよろしくね。」と言われました。

 私はそのときギャラリー立ち上げの準備をしていたときでした。6月か7月のはじめだったでしょうか。
版画芸術の編集長の松山さんが訪ねてこられました。

 松山さんから次号はコレクター特集を組むので取材に応じて欲しいとのことでした。私はコレクターが高じて9月末から画廊を始めることになったことを告げると、非常に興味を示され取材をして帰られたのです。

 その記事が2003年9月発売の版画芸術に載りました。わたしにとってはラッキーでした。コレクターが画廊を始めるということで版画ファンに関心を持っていただいたようで、それ以降私の画廊を訪ねてこられる版画ファンが結構おられます。

 このように中島さんから様々なことを学び、また、中島さんに画廊運営のイロハを学び、また、コレクターとして版画芸術に紹介していただいたことが私のギャラリー運営の基盤になっています。

 中島さんの訃報に接し、深くお悔やみ申し上げ、いままでの業績に敬意を表する次第です。

 

 
スポンサーサイト

7/13(日) 舟田潤子展、ファンで賑わう!!新聞講評も高い評価!!

 7/4(金)から始まった「舟田潤子展」は初日から舟田ファンが大勢見に来てくれています。

 何故こんなにファンが多いのか。老若男女まで幅広い層のファンがその魅力に取り付かれています。

 京都新聞の講評を紹介しましょう。的確に評価してくれましたので是非読んで下さい。

舟田展記事ブログ


 詠んでもらったら判るように、本当に自由に発想する作家です。彼女の原点は版画ですが版画の技法では表せない部分は積極的に大胆に他の技法を取り入れています。

 大抵の作家はジャンルにこだわり、日本画、洋画、版画のジャンルから離れません。しかし、彼女は版画で補えない部分は手彩色で、あるいは布地を張るなどコラージュで、というように彼女の持ち味である大胆なエッチングやドライポイントなどのダイナミックな線を最大限活かしながら他の技法を遠慮なく加えていきます。その型破りな発想に驚きますが、しかし、そのような混合技法で創る作品はいずれも驚くほど相乗効果を挙げています。

 例えば京都新聞が取り上げた作品を見ましょう。バックを流れる赤い川は尾形光琳や北斎の大胆な大河や海原の構図を思い出しますが、これはアクリル板に赤絵の具をのせヘラで大胆に延ばしたものを転写したものです。さらに、がんぴ紙や韓国紙などを効果的に貼ったり手彩を加えたりして画面を躍動的なものにし、最終的にエッチングやドライポイントでダイナミックな線描をし終えます。ご覧の通り、それらの混合法が見事に融合し、リズミカルな音楽が流れ出るような爽快感を与えてくれます。

 舟田潤子さんはザッハトルテのファンですが、(ザッハトルテはパリのカフェやイングランドやアイルランドのパブのステージで演奏されるような民衆に根ざしたリズミカルな演奏をするグループです。)そのザッハトルテを7/6に招きライブコンサートとオープニングパーティをしました。

 舟田潤子展は ~7/22(火) までです。是非ご覧下さい。 

7/6 ますます輝く「舟田潤子展」、注目の内に始まる。

 7/4(金)から始まった「舟田潤子展」は好調な滑り出しで、初日からファンが詰め掛けています。
 
 2年前に初めて当店で個展されて以来、数々の賞を受賞され瞬く間に人気作家となり現在では京都と東京を又にかけ大活躍です。

 サーカスの好きな彼女のドライポイントのラインは大胆で伸びやかです。また、色彩感覚は大きく面で捕らえ錦絵のぐわいです。しかも構図全体は女性らしく爽やかに納まっています。

 今回は和の要素の入った、江戸風POPといえる大作2点、および光琳や北斎も驚く、大胆にうねる大河を描くような作風の大作2点は実際にご覧にならないとその感動は伝わりませんね。

それでは展示風景をご覧下さい。

IMG_2428.jpg


IMG_2441.jpg


IMG_2446.jpg


 梅雨開け宣言がでたのか、猛烈な暑さが突然襲ってきましたが、それにめげず是非当ギャラリーにお越し下さい。

 冷たいお茶などを飲みながら、舟田作品とともに爽やかな時間をお過ごし下さい。きっと至福の時間が過せると思いますよ。

 7/4(金) ~ 7/22(火)  舟田潤子展

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。