アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/4(金) タイの作家Yanawit展に注目を!Organic printてなに?

 今日から下記展示です。

 Yanawit Kunchaethong Exhibition
 Season Writes...Kyoto (季節は綴る...京都)
 12月4日(金)~22日(火)


 Yanawit氏はタイの作家です。

 タイは自然に恵まれた国です。
 
 ヤナウィット氏はタイの豊かな熱帯直物から採取した木の実や花々を磨り潰して、それから搾り出したオーガニック顔料で版画を制作する手法を編み出しました。

 しかし、染色技法ではなくリトグラフに近い技法です。具体的にはアルミ板にアラビアゴムと蜂蜜を塗り、その上からオーガニック顔料を塗り、リトグラフ用プレスで紙に転写します。この技法をヤナウィット氏はオーガニックプリントと呼んでいます。

29 Season Writes(The Earth) 2 09 70.5×51縮小

 上記作品をご覧いただければわかるように天然の顔料が持っている絶妙の色彩が醸しだされます。

 植物はカラボッシュ、バタフライピア、ホアイトヘッド、りんご、モーニンググローリ、タメリック、パンドナス、ジャスミン、ツリーバイン、ピーコックフラワー、モク、インディゴ、アンナット、マンゴスティンなどの花や実が使われていますが、これらの植物が植生する季節や特性を熟知し採取しなければなりません。

 また版画として定着させたものが芸術的なものに仕上げられるまでに度重なる試行錯誤があったものと思われます。

 この天然顔料が持っている色合いは現物を見ていただかないと味わえないものだと思います。

 ぜひ、ご覧下さい。





 
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。