アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリのある版画工房アトリエ・コントルポアンを知っていますか?

 戦前からパリに版画家ヘイターが開いているアトリエ17がりありました。

 アトリエ17ではミロ、シャガールなどが出入りしヘイターの指導の下、版画を摺っていましたが、戦争が激しくなりニューヨークに移転しました。

 ニューヨークではヨーロッパから疎開した作家たちやポロックなどのアメリカの作家たちがアトリエ17に出入りすることになり大変な賑わいだったそうです。

 戦後になり岡本太郎や齊藤寿一などの日本人作家もアトリエ17に出入りするようになりヘイターに学びました。

 80年代に入りヘイターが亡くなり、エクトール・ソニエが主宰者となりあとを継ぎ、アトリエ名もアトリエ・コントルポアンと変更しました。

 現在、コントルポアンで研修した作家達のグループ展をアートゾーン神楽岡で開催中ですが、その中の一人阿部彰氏はヘイターに学びヘイターの助手として働いた一人です。

 阿部氏はエングレービングの作家です。エングレービングはビュランと言う特殊な彫刻等で銅版を直接彫る手法です。彫金技術が版画に応用されたもので15世紀ごろからヨーロッパで広まっていたものです。

 阿部氏はパリに在住し活躍するとともにシュールレアリズム作家として有名なハンス・ベルメールの彫り、摺りもしています。

下記は阿部氏の作品です。
阿部

 波動や岩肌をビュランで鋭く緻密に彫りこまれた作品です。シート価格はそれぞれ100,000円です。

エクトール・ソニエの作品はヘイターの編み出した一版多色刷りを踏襲し現在コントルポアンの主催者です。

下記がソニエの作品です。
ソノエ

 ソニエの作品は軽やかな旋律のピアノ曲が流れ出るようなリズムのある作品ばかりです。今回展示の作品は7万円から8万円程度の作品が中心です。

 今村由男、齊藤修、大矢雅章は90年以降に文化庁の研修委員に選抜されコントルポアンで学んだ作家です。

 まず、今村由男は当店で既に個展を3回している作家ですが、彼の宇宙観、自然観が壮大で絵の中に引き込まれる魅力があります。

下記が今村由男の作品です。
今村

 この作品は大作ですが、今回は小さい作品も展示しており小さい作品であれば1万5千円から3万円程度であります。

 次に、大矢雅章です。当店でははじめて紹介する作家ですが、彼は2008年に文化省海外研修員に選ばれコントルポアンで学んできました。

 今回は新たに詩人谷村秀格と組んで詩画集「糸遊」を刊行しました。その作品を当店2階に展示しましたが、谷村の俳句に着想して大矢が版画作品を制作し、その版画作品にあわせたオリジナルの字体で谷村が「書」を書き加えるといった手の込んだコラボレーション作品です。二人の息がぴたりと合った見事な作品です。

 版画をケースの裏に貼り付けたケース入り8枚セットで18万円ですが、彼らのこの作品に対する思い入れと見事な出来栄えからすれば破格の値段だと思います。実に出来の良い詩画集です。

 写真写りが悪いですが下記が詩画集です。
大矢

最後に齊藤修の作品です。木口木版の作家で水晶などの自然石の結晶をモチーフにした作品を長年制作してきました。最近は文楽人形なども描いています。

 下記が齊藤修の作品です。
齊藤

以上、アトリエ・コントルポアンで学んだ5人の作家です。

現在、アートゾーン神楽岡で紹介しています。是非ご覧下さい。

パリで研鑽した作家たち~~文化庁研修員とコントルポアン作家展~
8月27日(金)~9月5日(日)

 

 




 

 

 
スポンサーサイト

46人の版画作家たちが結束し「小さな版画展」を秋冬にかけ全国展開します!!

 誰が呼びかけたのか一流の版画作家たち46名が結束し、版画普及のため立ち上がります。

 日本の版画のレベルは他の国と比べると突出して高いのです。

 江戸時代には浮世絵版画が一般庶民にまで普及しましたし、明治以降も創作版画運動が起こるなど版画は常に庶民の芸術として認められてきました。

 一方、欧米では戦前からピカソをはじめ巨匠たちが版画に取り組みましたし、戦後はアメリカから起こる新芸術運動の中で版画が大きな役割を果たし、ウォーホルやリキテンシュタインなどが先導してきました。

 戦後の日本も浜口陽三、池田満寿夫などのすばらしい版画作家たちが輩出し今日に至っています。

 しかし、21世紀に入ってから何故か世間の版画にたいする関心が以前ほどでなく醒めてきたようです。

 その理由は色々と考えられます。急激に拡大する芸術活動として漫画やアニメ、CD、映像分野、ファッションや建築分野、インスタレーションやパフォーマンスに至るまの幅広い分野に世の中の関心が拡大、拡散してしまったことが大きな要因でしょう。

 もう一つは経済的低迷があげられます。

 しかし、ご自身の家庭を振り返ってみましょう。大きなテレビが主役ではありませんか。

 コマーシャリズムに乗せられ興味が拡大、拡散して家庭内の充実がお留守になってはいませんか。

 版画は同時に複数の方々に持っていただけますが、その分リーズナブルな価格設定が出来、作家にとってはそれが魅力なのです。より多くの方にコレクションしていただき、より多くの家庭に飾って楽しんで欲しいのです。

 版画を各家庭の各部屋に、家族各人の好みで飾っていただき、また、季節季節によって取り替えるなど多様な楽しみが出来るのは版画をおいてないのです。

 版画はリーズナブルで手軽な芸術品です。

 家庭内に版画を氾濫させ家族の対話が弾むのを願っています。

 こんな思いで46名の作家が作品のサイズと価格を統一し制作に取組み、秋冬にかけ全国各地のギャラリーで同時発表することになりました。

 参加するギャラリーは19店舗で、アートゾーン神楽岡も参加します。

 どの作家の作品もA4サイズで価格は7千円です。また、全国展開するに当たってのタイトルは「Little Christmas」です。

 当店が扱っている作家でこの運動に参加している作家を上げましょう。

1.今村由男  銅版画 当店で3回個展 国際的に活躍
2.片平菜摘子 木版画 新進気鋭
3.斉藤里香  木版画 来年3月当店で個展
4.篠原奎次  木版画 当店で2回個展 アメリカ在住 国際的に活躍 ウエズリアン大学教授
5.中島奈津子 木版画 来年6月当店で個展
6.林孝彦   銅版画 今年当店で個展 国際的に活躍
7.筆塚稔尚  木版画 昨年当店で個展 国際的に活躍
8.綿引明浩  銅版画・クリアグラフ 当店で2回個展 国際的に活躍

上記以外に下記作家が参加します。
安芸真奈、生嶋順理、井上厚、内山良子、大矢雅章、萩野佐和子、尾関立子、鎌田有紀、亀山知英、木下恵介、木村繁之、木村真由美、聖原司都子、久後育大、小林美佐子、斉藤悠紀、佐竹邦子、佐藤妙子、佐藤真衣、清水美三子、鈴木良治、住田裕見、高田麻紀子、常田泰由、中村桂子、野口真弓、馬場都紀子、馬場知子、原陽子、広沢仁、古本有理恵、古谷博子、松本秀一、箕輪千絵子、八木文子、山口雅英、安井寿磨子、若月公平

当店では下記日程で開催します。

 LITTLE CHRISTMAS 展
 12月3日(金)~19日(日)
 
   

 

 

今村由男さんと傍嶋飛龍さんのアトリエを訪問しました!!

 8月17日から20日まで旅行をしました。

 初日は名神高速から中央高速に入り飯田市の版画家今村由男さんの新アトリエを訪問しました。

 数年前にアートゾーン神楽岡のお客様を募って今村サンのアトリエを訪問しましたがその時は新アトリエ建設途上で内装は未着工でした。

 内装については今村さん自身が材料を購入加工し粘り強く数年かかり整えてこられ今回訪問時ではほぼ完成していました。

新アトリエの外観
 アトリエ3

新アトリエ内:玄関周辺の床には御影石を、それ以外はボードを市松模様に加工し貼ってあり、これら全て今村さんの手によるものです。
アトリエ2

新アトリエの1階から2階を見上げたところ。8割がた完成です。
アトリエ

南アルプスが見渡せるこの新アトリエは10月には完成の予定だとのことでした。

また、ご自宅兼アトリエも訪問しました。

ご自宅兼アトリエ:作品がたくさん並んでいました。
今村宅

あくる日は奥様にご案内頂き飯田市内に点在する今村サンの作品見学めぐりをしました。

医者宅のサイン・オブジェ:こんな仕事もされています。
街頭作品1

公園のサイン:デザイナーの仕事です。この公園のサインは全て今村さんのデザインによるものでした。
街頭作品5

他にも色々見せていただき、今村さんが飯田市の公共施設のデザインを幅広く委託され制作されていることがわかりました。しかし、今村さん自身はあくまでもご自身は版画家でデザインは生活の糧なんだそうです。

ところで、飯田市にのんび荘という宿があり美味しい「そば」を出してくれます。夜はその宿で今村ご夫妻と一杯交わしながら珍味を味わいました。

のんび荘
のんび荘

2日目はマルチ・アーチストの傍嶋飛龍さんのアトリエに向いました。

 傍嶋さんは多摩美術大学では版画専攻だったのですが今はペイントを主にされています。しかし、陶芸、ガラス工芸、万華鏡制作、「じゃねんず」というグループで演奏活動など幅広い表現活動をしています。

 傍嶋さんのアトリエは相模原市藤野で、傍嶋さんの職場でもある「藤野芸術の家」から15分ほど車でかかる山村にあります。その村は11所帯しか住んでないそうです。

傍嶋さんのアトリエ:300坪ほどある広い敷地に大きなアトリエが建っています。
 飛龍アトリエ概観

アトリエの玄関:玄関の取っ手などは芸術家仲間の作品です。
飛龍玄関

アトリエ内部:当店で11月開催の個展のために制作中の作品です。楽しみですね。
飛龍アトリエ

万華鏡制作の台:
飛龍アトリエ2

作品制作中の傍嶋飛龍さん
飛龍アトリエ3

藤野芸術の家で制作指導をされている傍嶋さんと傍嶋さんの弟さん:弟さんも芸術家でVOCA賞受賞者です。
飛龍・弟さん

 今村由男さんと傍嶋飛龍さんのアトリエ訪問を終えた後、富士五湖を経て静岡に更に一泊した後京都に帰ってきました。

 最後にアナウンス

 ◎今村由男さんの作品を下記グループ展で展示します。

 パリで研鑽した作家たち~文化庁在外研修員とコントルポアン作家展~
 8月27日(金)~9月5日(日)11:00-19:00 水・木休み
 出展作家:今村由男、大矢雅章、斉藤修、エクトール・ソニエ、阿部彰


 ◎傍嶋飛龍さんの個展の案内です。

 傍嶋飛龍展(サブタイトル:未定)
 11月12日(金)~28日(日)




 

大阪梅田のイーマをご存知ですか。9月から舟田潤子の「CANDY CIRCUS SHOW」を開催!!

 大阪梅田にファッションビル「イーマ」があり若い人たちの集いの場になっています。

 地下2階から4階までがファッション関係のお店が入り、5,6階はレストランです。

 このビルの1階フロアのエントランスに接して出会いの場となるスペースがありますが、その場をD-ba(出会いの場の意味のようです)といって展示会場やイベント会場として使用されています。

 このD-ba・スペースで舟田さんのSHOWが行われます。

 舟田潤子の「CANDY CIRCUS SHOW」
 会期:9月1日(水)~20日(月)
舟田イーマ

なお、9月18日(土)14:00~16:00に楽しいワークショップも行います。

舟田イーマ裏

 参加してみては如何ですか。お申込はイーマへどうぞ!

 ところで、この企画は昨年末からイーマ関係者と打合せをし実現したものです。

 梅田の名所になっているファッションビル「イーマ(E-MA)」に是非足をお運び下さい。

 そして、10月1日からは弊店で3回目になる舟田潤子の個展を行いますがあらためてご案内しましょう。



 

いよいよ高校野球始まる!!9日(月)から休廊!!27日(木)から開廊です。

 明日で「PORTO DI STAMPA」は終了します。

 京芸学生版画展は毎年8月前期にしていますが面白い企画です。

 今年はシルクスクリーン、木版、銅版画を選択した学生が出品してくれましたが、版種の違いで作品のイメージがガラッと変わります。

 銅版画でも技法によってイメージが変わります。

 また、選ぶテーマによっても変わりますし、何よりも作家のキャラクターによって大きく変わります。

 学生達の作品を見ていると熟練した作家のものよりも、目一杯努力した痕跡が見えて楽しめます。

 きらりと光る作品、魅力的な作品に出会える楽しみは「PORTO DI STAMPA」にあります。

 既に、作家然とした風格のある作品を作る学生もいます。

 後1日、作家の卵の作品を是非見てください。

 ところで、今日から甲子園の夏の高校野球が始まりました。

 この炎天下で青春をかけた戦いを繰り広げるのです。

 高校時代、大学時代は飛躍的に成長する時期で、作家の卵達も4回生や院生になれば作家としてやっていける実力を持ったものも出てきます。

 高校の野球選手の中にも金の卵がいるようにです。

 すばらしい作家が育つことを夢見て当店が全面負担し「PORTO DI STAMPA」を企画展として開催しています。

 この企画展を終えたら少し休みを頂き次の企画にギアチェンジしたいと思っています。

 それでは皆さま猛暑の中、お身体をご自愛され次回の企画展では元気なお姿をお見せくださいませ。

 お会いできるのを楽しみにしています。

 次回

 パリで研鑽した作家たち~文化庁在外研修員とコントルポアン作家展~
 8月27日(金)~9月5日(日)
 
 出品:今村由男、阿部彰、大矢雅章、斉藤修、エクトール・ソニエ




 
  

 

 

京都市立芸術大学銅版画専攻4回生5人展「W・・・M」を拝見!!

 「W・・・・M」展が京都・三条通りの同時代ギャラリーで開催中だ。

 京都芸大4回生5人の銅版画展である。

 この展示会は水準が高く意欲的な試みがなされており、学生の力量に驚きいった。

 男性は版画専攻にはいないようで5人とも女性である。

 伊藤学美、大畠麻子、河股由希、武田有実、別所万理子の5人である。

 この5人は共通テーマを設定し制作に当たっているが、各自の個性が出ていて見ごたえがあった。

 大和絵の洛中洛外図(?)、デューラーのエッチング、ウオーホルのマリリン、プレスリー、などを共通テーマにし各自が独自の解釈をし新たな作品に仕立てている。

 これ以外に各自の作品が展示されていたが、何と言っても共通テーマを基にした作品が面白かった。

 特に伊藤学美の抜群のデッサン力を基に力のこもった作品はどれもすばらしい。

 また、別所万理子のポップでコミカルなタッチで描かれた作品も楽しく見られた。

 河股由希も多様なテクニックをこなし古典的なものからポップなものまで描ける。

 大畠麻子は解釈が飛躍していて面白い。また、逆に武田有実はオーソドックスなテクニックで堅実な作品を創る。

 
 この5人がこれからどのように活躍するか楽しみだ。

 ちなみに、当ギャラリーでこの中の3人、伊藤学美、河股由希、武田有実が京芸大学院生4人とともに展示している。

 是非ご覧いただきたい。~8月8日(日)までです。


 IMG_5111.jpg




 

 

アートフリーライター小吹隆文さん「PORTO DI STAMPA」に現る!

 2005年に独立し、以来関西各地のギャラリー、美術館の展示会情報を流し続けているフリーライター小吹隆文さんが当店で開催中の「PORTO DI STAMPA」の取材に来られました。

 小吹さんは大阪、京都のギャラリー及び美術館を中心に関西のギャラリーで開催されている個展やグループ展をきめ細かに取材をし記事にしているライターです。

 「アートのこぶ〆」というブログを立ち上げ、取材成果をきめ細かく掲載されているのでこのブログは貴重で読みごたえがあります。

 最近はどの新聞社もほとんど取材に来ません。電話だけで事情聴取し記事にしてしまう昨今です。

 それだけに小吹さんが丁寧に取材されて記事にされる内容は貴重であり傾聴に値します。

 「PORTO DI STAMPA」は京都芸大在学生版画展ですが、学生達は並行して大阪の番画廊や京都の同時代ギャラリーでもグループ展に出展したりしています。

 小吹さんは既にこれらの画廊も巡回済みでした。

 猛暑の中、こつこつと取材行脚を続け、取材結果を全てブログに掲載する果てしない仕事をしておられる小吹さんに敬服です。

 本当に美術を愛しておられるのでしょう。また、取材の中からすばらしい新人作家を発見したときの喜びは何物にも替え難いのでしょう。

 自分の目と耳で取材をし続けておられる小吹サンは美術評論家として大成されるのではと思っています。





 

  

熱闘を制す!今年の阪神は優勝を目指すぞ!!

 中日との3連戦は本当に熱が入っていて面白かったですね。

 3試合とも白熱で追いつ、追われつ汗握る試合でした。

 2試合目は3対3のまま延長12回で引き分け、何と11時前後までと長い試合で選手もさぞ疲れたでしょ。

 昨日の試合もはらはらの連続で良くぞ勝ったなあ!と感激でした。

 昨年までは落合監督に相手にされていなかった阪神ですが、今年は痛快です。

 この快進撃は、城島の入団に加え、マートンとかブラゼルなどの外人たちが思わぬ活躍をしているからでしょうか。

 今後先発、中継ぎの投手がしっかりすれば優勝間違いなしですね。

 しかし、次は巨人です。

 ここで引き離せ阪神!!!

 ということで、夜はテレビやラジオにしがみつき、昼はギャラリー運営に専念しています。

 京都芸大の学生達の作品を見るときは、これからどんな風に成長していくのだろうと考えながら見てください。

 また、作家として独り立ちしている作家のものよりもフレッシュで良いものに出くわすこともあり、作品価格も制作実費程度で買えるものばかりです。

 学生の作品だからといって馬鹿に出来ませんよ。

 まずは見て、良ければ学生達を応援してください。


 この猛暑の一夏を有意義に過すためにアート観賞もベターだと思います。


 PORTO DI STAMPA ~8/8(日)







  

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。