アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインでの舟田潤子展大成功!(レポート)

 昨年、スペインのカダケスミニ版画展で受賞され今年8月上旬にカダケス(ダリの屋敷のあるところ)で個展をされました。その模様です。
舟田スペインの模様

なんと個展では全作品完売となったそうです。

また、受賞作家6名の巡回展がイギリスなどでもありましたが、そのポスターに舟田さんの作品が使われました。

ポスター

 舟田さんの今後の活躍が楽しみです。

 なお、スペインに出展されたミニ作品を所蔵していますのでご希望の方はお問合せ下さい。
 カラフルで魅力的な作品ばかりですよ!




スポンサーサイト

木村秀樹展開催中!意欲的な新作を是非ご覧下さい!!

 木村秀樹新作展開催中です。

 木村秀樹展 ~10月30日(日)

 ”炭”をテーマに全く新しいシリーズ展開が始まりました。

 木村秀樹氏はお茶のたしなみがあり、炭の光沢に魅了されこの新作シリーズを始めたとのことです。

 そこで炭について少し調べました。お茶に使う炭は菊炭といってクヌギ(どんぐりの木)を長時間窯で焼いたものです。備長炭と言う炭もあります。備長炭は樫の木を焼くのですが上等な丸炭と割れ炭あり、窯で焼き赤くなった炭を灰でまぶして冷やします。備長炭で焼く魚や肉はおいしいですね。

 お茶炭も備長炭も光沢がありきれいですが需要も少なくなって炭を作る窯元も大幅に減っています。

 そんな炭をテーマにした新シリーズはどの作品も従来のものと違って和のペーストが盛り込まれ枯淡の味わいがあります。

Four Fishes縮
(Four fishes Silkscreen 120×80cm ed3 \100,000-)

Two Fishes  Drops縮
(Two fishes Drops Silkscreen 80×120cm ed3 \100,000-)

上記のシルクスクリーン作品は実は次に紹介する立体作品を制作する行程図に相当しているようです。いわゆる設計図ですね。

 次の作品は立体化した新作です。

 Mountain縮
(Mountain MIxed media \170,000- 正面から見たもの)

Mountain 横から 縮
(上記を側面から見たもの)

 炭の光沢を違った立体造形の中に再現、投影し新しい美を発見しようという新しい実験的試みです。背景は全くありません。

 山や雲や猫などの立体が炭状に摺りこまれたシルクの積層した塊で創られている、しかも、この塊は周囲は焦がされていて再び炭になっているのです。

 手の込んだ仕掛けが二重、三重にされているのでその面白みを理解するには時間が必要です。

 今回の立体作品は壁掛けのためのアクリル額縁に入っていますが、床における作品も構想中のようです。

 どうかじっくり観賞してください。

 

 

 

 

 

「小さな夢美術館」で山下清澄展を見学!

 鳥取県米子市の住宅街にあるプチ美術館「小さな夢美術館」に行ってきました。

 京都から米子まで車で約4時間強、途中加西SAと蒜山SAで休憩しながらの旅行です。30年以上前に蒜山、大仙に行きましたが、その時は道路も整備されてなく、工事中の道を迷いながら行ったことを思い出しました。

 「小さな夢美術館」はJR米子駅から近くです。きれいに区画整理された住宅街の一角にあり、個人住宅を美術館としてオープンされています。

 今は美術愛好家の亡きご主人の後を継ぎ奥様が運営されていますが、この奥様も大の美術好きと見受けられました。

 玄関に入ると奥様が丁寧に迎えてくださいます。

 その玄関の壁面には山下清澄氏の新作が飾ってありました。例によって超絶技法を駆使した素晴らしい色彩版画です。古希を迎えておられるはずなのに全く衰えが見られません。

夢5

 奥様に案内され展示室に入ると、アンティーク調の壁面にアールデコ風な装飾をところどころ付した瀟洒な室内に新作、旧作交えて山下清澄作品が展示されています。

夢1

 何時見ても素晴らしい作品です。洒落た洋館風の建物にはギリシャやローマの古代建築に横たわる世紀末的女性像は特にフィットしますね。

 日本が生んだ版画作家として長谷川潔や浜口陽三が有名ですが、この二人はフランス在住でフランスで評価されたから日本でも高い評価を得てきました。

 しかし、山下清澄作品のクオリティの高さは長谷川や浜口に勝るとも劣りません。なのに海外に出なかったが故に充分な評価が得られないのは残念です。

夢2

 奥様と四方山話をしながら時間が過ぎましたが、その間にも何人もの山下ファンが来られていました。根強い山下ファンが居ることを知り心強く感じました。 

2007年に当店で個展を開催して以来、久々の山下清澄氏の個展を見てここち良い時間を過しました。

 この旅行では同時に足立美術館、水木しげる記念館もまわり充実した時間を過しました。













FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。