アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二階武宏展(木口木版画)・宮田雪乃展(エッチング)始まる!!

 下記企画展を開催いたします。若い二人の作家のほとばしるエネルギーを感じ取っていただければ幸いです。

 2月24日(金)~3月11日(日) 11:00~19:00 水・木休み
 二階武宏展(木口木版画)・ 宮田雪乃展(エッチング)


 二階武宏さんは京都精華大学出身です。大学の卒業展でバイクシリーズの作品を見て、全く新しい切り口で表現していることに驚き魅力を感じ、以来彼の全作品を当店で取り扱ってきました。

大学卒業展での作品 日本版画協会展新人賞受賞
1007.2004 triple chain wheel 18×32縮

 しかし、彼の木口木版画は細かく彫り進めるため寡作で年間で小品も含めて10点ほどしかできません。そのため、当店での個展は今回が初めてとなります。

最近の緻密な作品
1058.2010 臭気と馬 40×49.5 ed35 縮

 一方、宮田雪乃さんは今年、京都市立芸術大学大学院版画専攻修了予定でです。

 彼女は毎年当店で開催の”PORTO DI STAMPA”(京都市立芸術大学在校生選抜展)に出展してきた作家です。

 マーカーで描いたような線をエッチングを駆使し描いていますが、ラインが強調された絵作りで従来の銅版画表現とは一線を画するような新しい表現に取り組んでいます。

 作風は自分達の周辺で起こった出来事を切り取り、その断片を再構成したコラージュ風の作品が多く観る側に想像を駆り立てるような仕掛けをほどこした作品になっています。

宮田・party onnna 2011 71.5×91cm ed2縮

宮田・dinner#1 2011 33×33cm ed3縮

是非ご覧下さい。





スポンサーサイト

常設展開催中!2/19(日)迄です。

 久々の常設展です。

 事前にメールか電話でお知らせいただきましたら貴方のお好みの作家作品をご用意してお待ち申し上げます。

 あなたのお好みの作品をご覧んになるならご連絡を!



 なお、2月24日から下記展示を行います。

 ① 二階武宏木口木版画展 公募展で賞を総なめの気鋭の作家。
              超絶の技法で制作された作品は圧倒的な迫力です。

 ② 宮田雪乃展 京都市立芸術大学大学院修了予定の期待の新人。
         イメージの断片を切り取り重ねたようなユニークな作風で魅了します。

吉田神社節分祭で奉仕をする!

 例年のことですが今年も吉田神社の奉仕をしました。

2月2日(木)
朝8時吉田神社大元宮に集合。1時間弱、手足が凍りつくような中で節分祭開始の儀式。
その後、各自奉仕活動。小生は大元宮内で札売りを担当。

大元宮の中に設けられた厄塚です。厄塚にさわり過去1年間の厄を払います。夕方からご利益を得るために長蛇の列が出来ます。
吉田祭5

午後6時から追儀式の行事が始まります。

吉田神社本田前で繰り広げられる追儀式。上卿(しょうけい)、殿上人(てんじょうびと)が入場後、御付が整列。
吉田祭1

赤鬼、青鬼、黄鬼が登場し威嚇する。
吉田祭2

四つ目の神様「方相氏」が鬼達を追い払う。
吉田祭3

この後、上卿(しょうけい)、殿上人(てんじょうびと)が弓を放って厄払いをします。

2月3日(金)
朝からご奉仕。厄払い棒に触ろうとするお参り客で真夜中まで長蛇の列が出来ました。

午後11時から始まった本殿前での火炉祭の風景。過去1年分のお札やお守りをねぎらうために、それらを燃やす行事です。吉田神社でしか行われていません。
吉田祭4

毎年ながら丸二日に亘っての奉仕は疲れます。

ご覧になっておられない方は是非来年ご参拝ください。





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。