アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「入江明日香展」大好評で幕。「武蔵敦彦展」展覧中。

 1月後半に開催した入江明日香展は大好評のうちに閉幕しました。

 銅版画で刷り上げたパーツをキャンパスに貼り、巧みにコラージュした画面上にさらにペイントを伏し仕上げたミックスドメディアは観る者のハートをとらえ魅せられてしまいました。また、ビュランによって彫られた繊細な線で構成された一般多色刷り銅版画作品も素晴らしいものでした。
DSCF1675.jpg
多くの方にご覧いただき、感嘆の声を頂きました。

 2月6日から「武蔵敦彦展」が始まりました。

 2月6日(金)~2月22日(日)

 
武蔵敦彦は高校卒業後アメリカで美術を学びました。その当時アメリカを席巻していた抽象表現の世界に魅了され、またリトグラフから生み出される独特の色彩感覚にのめりこみリトグラフによる抽象作品を作り続けてきました。

リトグラフ制作を続け研究する過程でポリマプレートを利用したリトグラフを開発し、ポリマを利用した作品を多く作ってきました。

どの作品も情緒的な感覚を取り除いた完全な抽象表現に徹した、透明感のある完成度の高い作品ばかりでです。

DSCF1865.jpg

DSCF1872.jpg






スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。