アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傍嶋飛龍氏、当ギャラリーを来訪!

一昨年、傍嶋飛龍さんの作品を東京銀座のB画廊で拝見し惚れ込んでしまいました。
こころに思いつくまま少年の心で描かれた絵画だと!!

そこで、お住まいの新宿から1時間余りの藤野でも展示されているとの情報を得たので行ってみました。
藤野駅を下りるとそこは素朴な山村で、駅のそばの茶店のようなお店に飛龍さんの版画や焼き物が展示されていて驚きました。そこが展示場だったのです。
銀座の展示会場と片田舎の展示会場のギャップに戸惑いましたが、さらに傍嶋飛龍という作家に興味を持ちました。
20061110172104.jpg
上記は傍嶋飛龍作品集から抜粋で02年作

それから何回かメールを差し上げ個展のお誘いをし、もうダメかなと思ってましたので今日の来訪はうれしい出来事です。

傍嶋さんは多摩美術大学大学院時代の99年に<第1回池田満寿夫記念芸術賞展>大賞受賞、<第1回利根山光人記念大賞展ビエンナーレきたかみ>大賞受賞など輝かしい経歴の持ち主です。

また、傍嶋さんは<じゃねんず>という演奏グループを率いてお祭りや老人ホームに呼ばれたり慰問をされているとのことです。各国の太鼓などの民族楽器を収集しておられ、客も巻き込んで演奏を楽しむそうです。

2008年6月に個展をしていただくことに決まりました。
従来にない面白い絵画や版画が展開されると思うとゾクゾクします。
ご期待ください。

「傍嶋飛龍作品集」を持ってチョットおどけてみせる傍嶋さん(ギャラリーにて)
20061110181050.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/12-837ae8a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。