アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/11 今村由男展閉幕までの道

 2月から今まで忙しい日々が続きブログから遠ざかってしまいました。
 2月2、3日と吉田神社節分祭へのご奉仕、しばらくしてタイへ美術状況の視察、今村由男展の準備・開催、2回に亘る東京出張、GNA主催の金沢親睦旅行などが重なり、なかなかブログを書く時間が取れませんでした。遅くなりましたが今村由男展の成果から報告いたします。

◎今村由男展 2/22(金)~3/11(火)
 
 今回で3回目の個展の目玉はなんと言っても星座シリーズの版画12点を屏風仕立てにした屏風の展示でした。
今村3web用


 今村先生は少年の頃から星の観察が好きだったようで星空をいつも眺めて育ったとのことです。
 さらに、星座シリーズ各12点がその星座に相応しく先生がデザインした桜やクリの木で仕立てた特別額装に入った作品群も圧巻でした。

 また、中型新作群も野花や草木を主題に描かれており、大自然の爽快な空気や神秘が実感できるものばかりでした。

◎2/23(土) 今村由男のアート・トーク

 厳しい寒さの中、昼から大雪になり18:00からのトークイベントに集客があるか心配をしていましたが、行き降る中18:00近くになると今村ファンが1、2人と集まってこられ何とトークが始まるときには10数人となっていました。

 トークの内容は何時から版画に興味を持ったか、版画制作の奥の深さ、版画の楽しみ方、版画制作テクニックの説明、これから取り組みたいこと、など質疑応答をしながら先生のノウハウも含め話され、当初の予定をオーバーしましたが今村ファンは大いに満足しました。

 トークの後、懇親会に入り、先生と、またファン同士交流を深めワイワイガヤガヤと盛り上がるうちに12時近くになり、ようやくお開きになりました。

◎ことしから今村先生は日本版画協会のA部門審査長をされるとのことで、多忙な中郷土飯田市からトークのためにご出張いただき感謝感激でした。今後益々の活躍をファン一同期待しています。

 2月から3月初旬まで厳しい寒さが続き、雪降る日も多く不順な天候でしたが多くの今村ファン達は今回の個展に足を運んでくださいました。心よりお礼を申し上げます。

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/122-34814790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。