アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/20 「田中恒子コレクションによる太田三郎展」を見に行く!

 私のギャラリーに時々来られる現代美術のコレクター田中恒子さんの収集作品による、三条通りの都ホテルの北側に面したギャラリーすずきで「田中恒子コレクションによる太田三郎展」が開催中でしたので見に行きました。

 太田三郎の作品は見たことが無かったのですが、評価の高い作家でしたので一度見たいとは思っていました。
 
 太田三郎は戦後生まれの作家です。切手シートのスタイルの版画作品を作り続ける一方、使用済みスタンプを毎日切手に押し続ける作業を通して、「生」を確認しつつ、切手の図柄に現代社会の歪みや恥部を描き私達に問題提起をし続けています。

その中に戦争告発のシリーズ作品があり、このシリーズの全作品を今回展示されたのです。

「兵士の肖像」シリーズ、「被爆地蔵」シリーズ、「被爆樹」シリーズ、「私はだれですか」シリーズ、「軍人像」シリーズ、「無言館」シリーズがあるのですが、どれも一見目立たない地味な作品ですが切手の体裁でシートに書き込まれた細かな文字を読み取ると、この作家がいかに鋭い問題意識を持っており、なんと饒舌な作家なのかということが見えてきます。

地味な個展でしたが、ずっしりとした深く味わえる個展でした。太田三郎はすごい作家だと思います。

会期は3月23日(日)までです。是非見に行ってください。

田中さんのコレクターとしての眼力に敬意を称します。

なお、若い頃から田中恒子さんは若手の作家の作品を買い続けてこられ、その中には村上隆や奈良美智の初期作品もあるとのことです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/126-06f55957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。