アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/24 「篠原奎次のアート・トーク」でアメリカの美術教育の現状を知る!

 昨日(3/23)の15:00から「篠原奎次のアート・トーク」を開催しました。米国の美術教育の現状をレポートしていただきました。

 篠原氏は日本で10年間浮世絵摺り師の修業をした後渡米し、ニューヨークを中心に創作版画を手がけ画廊に認められデビューをしました。40歳を過ぎてウエズリアン大学の美術教授として迎えられ以降第一線で活躍してこられました。

 以下は篠原氏のトークの内容です。

 アメリカには大学が約3千校、リベラルアーツが15百校ありますが、篠原氏の所属する大学はリベラルアーツのウエズリアン大学(リベラルアーツの大学としてはアーモスト大学と並ぶ名門校)です。
 高校生は高校卒業時に全国共通のテストを受け、その点数で大学選びをする。
 一方、大学側は各人の高校時代の成績ばかりでなく人物評価のデータを普段から収集しており、共通テストの成績と人物評価と独自のテストも加味することによって学生を選考する。
 大学の初期教育は教養教育であり、どこの大学においても全学生は自然、人文、社会系列の科目を幅広くとらなくてはならない。当然美術もその対象となる。
 ウエズリアン大学では美術の教員が7名いるが、何らかの形で全学生は実技も含めて美術を学ぶことになる。
 上級生になると美術に関心のある学生はさらに美術専攻を選択する。ところが日本、韓国、中国の学生はほとんど美術専攻には進まず、ビジネスや科学の専攻を選択するそうだ。
 しかし、美術専攻の学生が将来、芸術家となる率は非常に低く、さらに上級の大学に進んだウエズリアン大学の学生は医学、弁護士などのコースへと行くそうだ。
 このような事情から、大学をでて社会人として活躍している人たちは美術・芸術の素養を持っている人たちと考えてよい。従って身近にアートの話が話題になるそうである。
 アメリカのアートの裾野は広く、画廊以外に4,5月~10月にはアートのフリーマーケットがいろんなところで開かれ賑わっている。いわゆる日曜画家である市民たちも作品をフリーマーケットに出し売り買いをするそうだ。アメリカでは絵は名前で買うのではなく、好きか嫌いかで判断し気楽に買っていくそうだ。

IMG_1735.jpg


IMG_1740.jpg


 美術館や画廊で絵を見るとき、買うときの基準として常に念頭に入れたいのは、どの絵がすきか嫌いかを決めて、では何故すきなのかを自分なりの解釈を持つようにすることが重要です。チャック・クロスという画家は絵を学ぶのはゴルフのようなものだ、軌道修正を加えながらホールを目指すものですという落ちで講演の締めとなりました。

 アートトークの後の懇親会では篠原氏の中高時代の友達なども来られていたため楽しい懇親会となりました。

 

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/127-0e1a1ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。