アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都から電信柱をなくせないか?

1週間前に京都市から電信柱を無くせないか?との疑問を出しました。
タイミングよく11月10日に京都市が「歴史都市・京都創生策Ⅱ」を提案しました。京都を国の財産と位置づけ財政支援を受けようという案です。その中に「無電中化推進制度の創設」の項目があります。

この無電中化に関し、新聞の解説に「電柱の地中化は全国の自治体で要望が強く、なぜ京都だけが特別なのか」を明確にする必要があるとありました。

そこで、国の施策を調べてみると無電中化の推進は1986年から国の整備事業として取り組まれてきており3年ごとに計画が見直されてきています。
電線類地中化の目的として①安全で快適な通行空間の確保②都市景観の向上③災害防止④通信ネットワークの信頼性向上が挙げられています。

では、現状はどうなのか?
欧米の主要都市はロンドン、パリ、ベルリン、などはほぼ100%無電中化されています。日本では東京都が7.3%、京都市はさいたま市の1.2%にも達していません。

京都市の現状は一部の幹線道路と祇園南地域、伏見区本木材町周辺、八坂通り、下河原町周辺しか電線地中化がされていません。

では、どのような条件があれば電線類地中化整備の対象になるのか?
歴史的景観地区で面的整備対象地区として「くらしのみちゾーン」「重要伝統的建造物群保存地区等」などに選定される必要があります。
また、面的整備は幹線道路に囲まれた地域で交通安全確保、生活環境の質の向上が見込まれなければなりませんし、その前提として道路管理者と電線管理者と地域住民の合意が必要です。

京都の町は碁盤の目になっていて面的整備の難しい面はありそうですが、観光立国の目玉として京都市から電信柱を一日も早くなくして欲しいものです。

電信柱が乱立する神楽岡通り
20061114142604.jpg

コメント

おっちゃるとおり!

久々にドイツから京都にもどったときに思いました。「これが観光都市かよ・・」

京都は本当に見苦しいです。電柱もそうですが、細い道を車が走り回り、観光地でもタクシーだらけで安心して観光できない。イメージ先行のため、一度京都に来ても、次はないと思います。なんとか住みやすい町にしてください。

  • 2008/06/15(日) 05:00:40 |
  • URL |
  • ドイツ在住 #-
  • [ 編集]

おまけですが・・

電柱広告というものがあり、NTTや電力会社の収入源になってるようです。これが地中化できない一つの理由かな?しかしながら、ここに掲載されてる写真もひどいですね・・・

http://www.nankaiad.co.jp/ad/outdoor/pole.html

あと、地中化について、役所の縦割り行政でガスや下水道など連携がとれていないため、その度に地中を掘ってるそうです。ここまでくるとほんとあほですね。。。

  • 2008/06/15(日) 05:13:09 |
  • URL |
  • ドイツ在住 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/14-fbf699fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。