アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/3(金) 第77回日本版画協会展受賞作家展 新鋭作家の登竜門!!

 今日から下記展示会が始まります。

 7/3(金)~21(火)
第77回日本版画協会展受賞作家展 


 日本版画協会は昭和6年に創設されましたが、その前身は山本鼎や織田一磨などによって大正7年設立された日本創作版画協会です。

 日本創作版画協会と洋風版画会(岡田三郎助など)と無所属の長谷川潔、梅原龍三郎などが合流し総勢43名で日本版画協会を立ち上げました。

 それ以来、1945年の終戦時の混乱期を除き毎年協会展は行われ、今年で77回目の協会展が行われたことになります。

 現在、会員・準会員を含め360名を要する大きな美術団体です。

 版画を主とした美術団体は他に日本板画院がありますが、この団体は棟方志功が発起した団体で創作木版画作家が中心になっています。

 それに対し、日本版画協会は木版に限らず版という媒体を通じて描かれた創作作品を制作する人たちが集まる美術団体といえます。

 この公募展は毎年春に東京都美術館で行われますが、これには抽象、具象を含めあらゆる版種を駆使したコンテンポラリーな作品が毎年1000点を越え応募されます。

 今回、この日本版画協会展で受賞した全作家の受賞作品を中心に紹介します。

 では、次回から受賞作家を順次紹介しましょう。

展示風景2

展示風景1


 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/157-ccf3daab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。