アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/7(火) 第77回日本版画協会展受賞者③ 武藤正悟 

 現在下記グループ展を行っています。

 7/3(金)~21(火) 第77回日本版画協会展受賞作家展

 今回は武藤正悟の紹介です。

武藤作品 しじま(A)

 武藤正悟は銅版と木版を併用しながら幻想的で目くるめく独特の世界を作り上げてきた、日本版画協会で何度も入選を重ねてきたベテラン作家です。

 数年前までは花のイメージを求めながら、花の痕跡が残らないほど抽象化した作品を制作してきましたが、近年は水中に浮遊する植物や生物群のイメージへと変化してきたように思えます。

 いずれのイメージも大胆なひろがりを持つ画面を展開しておりファンタジックな印象を与えてくれます。

 武藤正悟のプロフィール
1966 生まれ
1990 東京学芸大学D類美術科卒業
1992 東京藝術大学大学院卒業
2003 タイ国際版画・素描画 シルバーコン大学開学60周年記念受賞
2004 第24回カダケス国際小版画展(スペイン)受賞
2005~06 文化庁芸術インターンシップ国内研修員
2009 第77回日本版画協会展準会員最優秀賞受賞

 

 

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/160-bc5e0e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。