アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/18(土) 日本版画協会展受賞作家⑥ その他作家7名の紹介

 今まで紹介した5人の作家は準会員です。

一般公募から選ばれた7名を紹介します。

寺田一行    山口源新人賞受賞
三宅由里子   B部門奨励賞受賞
金キョンソン   版画協会賞受賞
林ジヘ      A部門奨励賞受賞
大坂秩加    立山賞受賞
遠藤美香    新人賞受賞
武藤智佳子   山口源新人賞受賞

 この中から当ギャラリーを訊ねてくれた金キョンソンさんと武藤智佳子さんを紹介しましょう。

 金さんは韓国の美術大学で油彩を学んだ後、多摩美術大学大学院に進学し、現在版画専攻の2年生で、木版をされています。

 版画は日本に来てから始めたようですが絵画の基本をしっかりと学ばれたようで、その力量は並のものではありません。

 幼い頃からバイオリンやピアノを学習されてきたので絵の構想に音楽的センスが入っており、色彩感覚はバロック調のどっしりしたものです。

 抽象的な画面ですが画面の背後からバッハが流れてくるような荘重な画面です。

金the core of縮小

 次に武藤智佳子さんです。

 武藤さんは秋田県出身で農家の一人娘さんと伺いました。

 地元の高校卒業後、多摩美術大学に進学し現在大学院1年生です。

 美術系予備校も行かず現役で多摩美術大学に合格されたようで、受験テクニックに染まっておられず、個性的に4年間を思うままに過し、今回の受賞作品は、90×180cmを横に4枚繋いで1つの作品となる驚くべき大きさの木版作品を出展されました。

 その1枚を今回展示されましたが、イカが浜辺に寝そべっているような作品ですが壮大な拡がりを感じる作品です。

武藤智佳子縮小

 金キョンソンさんも武藤智佳子さんもまだ20代前半ですが、その才気は並のものではありません。
将来が楽しみな学生(作家の卵)です。

期待したいと思います。

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/164-48be6509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。