アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/19(日) 第77回日本版画協会展受賞者紹介⑦ 三宅由里子 

 日本版画協会展受賞作家展は版画作家の登竜門として高い評価を得ています。

 その協会展は毎年4月に東京都立美術館で開催されていますが、今年の受賞者は12名でした。

 弊店では今年から受賞者の作品を展示することになり、現在展示中ですが後2日を残すのみとなりました。

 受賞者の作品のレベルは高く、魅力的な作品も多かったのですが後2日残した時点で言えば、来客も少なく残念な結果に終わりそうです。

 来年から再来年にかけて東京都立美術館が大改築されるため、この協会展は来年、再来年と京都市立美術館で開催されることになりました。

 しかし、今回の弊店での来客実績から推察すれば、京都および関西の人々に日本版画協会展の偉大な実績がほとんど知られていないということです。

 企画展として開催したのですがまったく、単なる素人のグループ展位にしか思われなかったのでしょう。

 版画の世界で言えば、文学の登竜門である芥川賞や直木賞であるのですが、そのことが全く認知されていないことが判りました。

 来年は京都で日本版画協会展が行われるので、これからこの協会展の実績とそこで受賞する意味を積極的にアピールしていかなくてはならないと強く思いました。

 さて、大いなる反省の後、今日当ギャラリーを訊ねてくれた受賞作家三宅由里子さんを紹介します。

 ◎三宅由里子 B部門奨励賞受賞

 彼女は愛知淑徳大学文学部卒業後、さらに希望の愛知県立芸術大学美術学部デザイン科に編入学しました。

 しかし2年目から油科に転科し銅版画をはじめる事になり銅版画に魅せられてしまったそうです。

 このようにかなり変わった学歴ををもつ彼女はデザイン的センスももちろん持っておりWEB上でデザインが出来るフレッシュというソフトも使えるとのことです。しかし今は銅版画の手業に魅力を感じておられるようです。

 彼女の作品はデザインと対極の銅版画と言うテクニックを使い、作り出すイメージもデザインと対極のものでその感性に驚かざる得ません。


 彼女は ”生まれいずるもの” の神秘的な生命体を主たるテーマにして描いています。

 いろんな動物が受精し生命が宿り生育していく過程を創造力で補いながら描いていきます。

 グロテスクな形をしているのですが、しかし成長していく胎児の姿をキュートに力強く描いています。

OMOKAGE三宅縮小

 彼女は現在、動物飼育のアルバイトをしているそうです。彼女のテーマにピッタリの職場ではないですか。

 これからも、様々な動物(想像上の動物も含め)の胎児を描き続けたいとのことでした。

 文学的センスもありいずれはシュールな詩画集を作ることを夢見ているとのことです。

 今後が期待できる新人です。

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/165-f05a2357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。