アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/27(日) 片平菜摘子さん! 小さい頃の思い出は何ですか?

 現在、下記日程で片平菜摘子木版画展を開催しています。

 片平菜摘子木版画展 ~10月6日(火)

 まず作品を観てみましょう。

森への道Ⅱ縮小

 子供のころ、公園で木登りをしたり、走り回ったりした記憶が誰でもあります。

 また、近くの公園を歩くとこのようなこども達が楽しく遊んでいる風景を見かけます。

 そこで、片平さんに訊ねました。小さい頃の思いではなんですか。

 「思い出すのは何気ない日常の断片ばかりです。
  
 友だちと遊んだり、悪い点を取ったテストを持ち帰るのが嫌で気が重い帰り道だったり、田舎のおばあちゃん家の仏間で寝るのが怖かったり。
    
 そういえば、毎年クリスマスが来るのが待ち遠しかったです。部屋を暗くしてろうそくを灯し、音楽を流して、母の料理と近所で買ったケーキを食べる、ささやかな夜が大好きでした。」

 なるほど、だから何気ない日常の断片の記憶の重なりが淡い色彩で表現された作品が多いのですね。

 平凡な日常の生活の中で幸せ一杯の子供時代が目に見えるようです。

 一杯のコーヒーを飲みながらクラシックの旋律をバックに片平さんの作品を眺めると至福の時間が流れると思います。

 是非ご覧下さい。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/173-2336dbaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。