アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/27(金) 筆塚稔尚さん! 絵が「わかる」とは?

 現在、筆塚稔尚展を開催しています。

 筆塚稔尚展 ~12/1

 展示風景をご覧下さい。

展示風景3

 上記作品は全て同じ図柄ですが、全て色違いです。図柄としてはハートが描かれており、心の変化を色違いで表現しています。

 喜びの色、悲しみの色、感動の色、激怒の色など、各作品を見る目によって様々に感じ取れます。

筆塚氏は絵が「わかる」ことについてこのように言っています。

 『わかりやすい絵を描く。わからない絵を描く。この二つの選択があるが、その二者択一の限界がよくわからない。

 しかし、ミケランジェロは「石の中に人がいるからそれを彫りおこすだけだ」と。また、アインシュタインは「本当にわかっていることは、簡単に説明できるものだ」と。真の天才は全てわかっているのだろう。

 ゴッホの絵を最初にわかった人は偉い。誰もわからなかったことがわかったのだから!今ではみなゴッホをわかっている。本当か?

 私はわかる、わからないという前にモノつくりに徹しよう。

 あるコレクターが私の作品について「あなたの絵はわからない。しかし、どっこい、ここにいるよ。とい
うのがあなたの絵から伝わってくる」と。

 技法や理屈を聞かれるよりも私はこの言葉がうれしかった。』

要約するとこのようなことを筆塚氏は述べている。

 わからないから絵にする。技術をつければつけるほど絵は雄弁になる。つまり、感動が伝わるのでしょう。

 筆塚氏の作品を見ると何がよいのか説明しきれないのですが、感じるのです。

 ぜひ、それを感じるために見ていただきたいと思います。

展示風景1

 後1週間です。では、来場をお待ちします。



 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/187-ec886edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。