アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代美術コレクター 田中恒子さんのアート・トークが楽しみです!

 田中恒子さんをご存知でしょうか?

 数10年にわたって仕事の合間を見つけてはギャラリーを渡り歩き現代美術コレクションを続けてこられた無類の現代美術好きの人物です。

 その田中さんが和歌山県立美術館に長年にわたって蒐集したコレクションの大部分を寄贈され、その展示会が当美術館で昨年の秋開催され大変な話題になり新聞社各社が取り上げました。

 その中で京都新聞の記事を紹介しましょう。

田中恒子記事

 この記事は読者に少し誤解を与えるかもしれませんね。

 田中さんは資産価値があるから現代美術を購入したのではなく、作品そのものに感動したから購入してこられたのです。

 田中さんが現代美術を購入するときのコンセプトは①購入した作品を自宅に飾り作品とともに暮らす②作品は必ずギャラリーから買う③作家の人柄に触れ考えを知る④購入した作品を私物化せず次代へと引き継ぐ、というものです。

 田中さんはコレクションの楽しさを満面の笑みをたたえ本当に楽しく話されます。

 その田中さんに下記日時にアート・トークをしていただくことになりました。
 
 田中トークの案内

 是非ご参加下さい。

 なお、前回ご紹介した「安藤真司銅版画展」の開催中です。

 当日は安藤真司氏も来廊されアート・トークに参加していただきます。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/193-70c25e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。