アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

触れるアート・参加できるアートって何?

 美術館で見るアートはほとんど平面でも立体でも「触らないで下さい。」と表示されており、眺めるものです。

 しかし、触ってみたいと思ったことは無いですか。触って変化を楽しむ作品があってもいい!のではないでしょうか。

 触れるということは作家と楽しみを共有することだと思いますね。

 今、展示中の石井康博さんは触って楽しめるアートに挑戦している作家です。

 最初は掌に乗るような小さくて可愛い妖精や動物の人形たちを創ってこられましたが、驚きや感動を与えるためにはどんな仕掛けが必要かと考え徐々に触ることによって変化を楽しむ作品へと変化していったとのことでした。

 しかし、いずれの作品も奇想天外な発想がありワンダーワールドです。

 例えば

31 秘密の路地

 ペコちゃんの缶の右目から覗くと精巧に作られたミニワールドな路地裏が見えるのです。

31 秘密の路地2

 ギャラリー内の各所に妖精が隠れていたり、上記のように触れるアートがたくさんあり皆さんをお迎えします。

 実際にギャラリーを訪問され触って、発見の喜びと感動と驚きを感じて欲しいと思います。

 石井康博の人形展 ~3月14日(日)


 是非ご覧下さい。

 



 

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/199-c6e47db4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。