アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日間の東京美術館探訪!!

 4月27日(火)・28(水)と2日にわたり東京の美術館探訪に行ってきました。

 27日(火)10時半過ぎ東京駅に着くと早速丸の内側出口からでて三菱一号館美術館に向いました。

 三菱一号館美術館
 回顧展「マネとモダン・パリ」

 明治27年に英国人建築家コンドルによって建てられたレンガ建ての建造物で老朽化
のため壊されたものを復元しこの4月から美術館として生まれ変わりました。

 今、テレビで放映中の竜馬伝で岩崎弥太郎が出てきますが、彼が三菱の創始者です。

 建物内部は事務棟として建てられていたためか比較的細かい部屋が多く、クラシックな趣の部屋の中で絵画を楽しめます。窓から眺める庭の風景も見逃せないものでした。

 オープン記念として回顧展「マネとモダン・パリ」が始まっていました。
 
 マネの油彩、素描、版画が約80点余りが展示され当時の建築図や写真なども同時展示し時代背景が分かるようになっています。

 マネは印象派の先駆者として多くの画家に影響を与えましたが、「スミレの花束をつけたベルト・モリゾ」や「エミール・ゾラ」などマネの代表作が並び見ごたえがありました。

 27日(火)の昼からは渋谷のBUNKAMURAザ・ミュージアムへ向いました。渋谷駅から道玄坂を10分ほど歩いたところです。

 BUNKAMURAザ・ミュージアム
 「レンピッカ展」

 纏まってタマラ・レンピッカの作品を見る機会は今までありませんでした。1920年代から30年代の享楽的な時代の寵児であったレンピッカの全容を是非見たいと思い足を運びました。

 初期の作品はキュービズムの影響を受けていましたが徐々に曲線を活かしたメリハリの利いたデザイン性のある絵画に傾倒していきます。

 美貌の持ち主で男勝りで自動車を乗り回していたという彼女はホモセクシャルでもあったようです。

 描く女性像は肉感的で挑発的です。彼女の娘キゼットが10歳ごろのキゼット像が描かれていますが大人を挑発するような視線と肢体の少女として描かれています。解説によれば「ロリータ」の表紙になったとかかれていました。

 第2次世界大戦中にアメリカに亡命しましたがアメリカでは評価されず忘れ去られていましたが晩年になり再評価の機運が高まりました。

 全般を見渡すとやはり第2次世界大戦前のパリ時代の作品がファッション性があり挑発的で魅力的です。

 28日(水)午前中はは恵比寿ガーデンプレイスにある東京都写真美術館にいきました。

 恵比寿ガーデンプレイスへ行くのは初めてでした。地下鉄恵比寿駅で下りるとガーデンプレイスの入り口です。

 その入り口からエスカレータや動く歩道に乗り継ぎビルの中を前進していくと新開発都市が現れます。

 六本木の雰囲気と一味違った高級感溢れる町並みです。その一角に東京都写真美術館があります。

 東京都写真美術館
 森村泰昌ーなにものかへのレクイエムー

 森村泰昌は歴史上の人物に変装したり、絵画に現れる人物に変装したりして歴史の検証や絵画の意味を問いかけます。

 NHKの新日曜美術館でこの展示会が紹介されており是非見たいと思っていました。

 私達は過去の歴史的なシーン、例えばマッカーサーと昭和天皇の会見写真、社会党党首が演説会場で山口乙矢に惨殺された写真などを生々しく覚えていますが、新聞や雑誌などで報道された数々の歴史的シーンを演じた人物に森村がなりきりその場面を再現した写真や映像を私達に突きつけます。

 それらの報道写真を見たその時代の人たちがどのように感じたのかは各自違っているでしょうが森村が感じ取ったものが作品の中に反映しているようです。

 例えば、マッカーサーと昭和天皇の会見場面が彼の実家であるお茶問屋が背景になっていて、マッカーサーは傲慢な態度でパイプをくわえてはいません。森村にとっては幼年時代の思い出で、二人の関係、すなわち日米の関係を仲の良い親子か兄弟のような関係として捉えたようです。

 チャップリンがヒットラーを演じた独裁者の映画の一コマを写真と映像で見せてくれますがこれは実に面白いものでした。

 今も独裁者が生まれているのではないかとの疑念の元に描かれたこの映像は含蓄があって見ごたえがありました。

 ブッシュが仕掛けたイラク戦争、マイクロソフトやグーグルの情報ネットの世界的覇権など独裁者の影が垣間見えます。

 午後から六本木にある国際新美術館へ行きました。ルーシー・リーの回顧展を見るためです。

 国際新美術館 
 ルーシー・リー展

 陶芸といえば日本の作家しか思い浮かびません。しかし、すばらしい作家がイギリスにいました。それがリーシー・リーです。

 ウイーンに生まれた彼女は工業美術学校で陶芸を学び評価を得ていきますが、第2次世界大戦前にイギリスに亡命します。以来イギリスで活動を続けますが、当時イギリスではバーナードリーチが権力者でリーを評価しなかったため苦労をしたようです。

 しかし、釉薬の研究を重ね独特の味わいのある溶岩釉薬や色彩のある釉薬を開発し、また彼女独自の線文様式を編み出し、シンプルでシャープな器に目を見張ります。

 特に60歳を越えてからの彼女の作品はどの器も形、色合いも見とれるほどの美しさです。


 以上、2日間にわたって4展示会場をたっぷり時間をかけて回りましたがいずれも展示内容が良くて見ごたえがありました。

 マネ以外、ひょっとすれば一般にはあまり知られていない作家たちかもしれませんが良い作家です。

 以上、機会がありましたら是非ご覧下さい。

 
 


 
 

 

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/214-a48405ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。