アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学の道に沿う疎水にホタルが乱舞!-6月下旬までかな?

 6月5日(土)ヴァイオリン・チェロ・ピアノコンサートを終え版画家林孝彦さんとともにイタリアンレストラン「NOANOA」(橋本関雪白沙村荘の隣)に行きました。

 美味しいパスタとピザを注文しワインを傾けながら林さんから海外の画廊事情や美術事情など楽しいお話を盛沢山聞きました。

 アルコールも心地よくまわった9時ごろに蛍観賞をしようということで「NOANOA」を出て哲学の道沿いを歩くと何と何と何十匹のホタルがあちこちに乱舞!

 そうだ!去年も同じ頃に版画家小越朋子さんと蛍狩りをしたっけ!と思い出しました。

 頭に残るコンサートの音色にあわせるかのように闇の中を乱舞する蛍の光を追いながら、時間のたつのを忘れました。

 今年は去年よりもはるかに多く林さんもすっかり楽しまれたようです。

 3名とも東京芸大出身の実力派カメラーデントリオ(ヴァイオリン谷口朋子、チェロ元井あづさ、ピアノ北川由美)のすばらしい音色に酔った後、「NOANOA」のワインに酔い、そして闇に舞う蛍の乱舞に酔ったすばらしい1日でした。

 それにしても実力派カメラーデントリオコンサートへの参加者が少なかったのは残念でした。

 次回は参加してくださいね!

熱演するカメラーデントリオ

コンサート風景

 次回はコンサート風景背後に飾られている林孝彦さんの「カムイユカラ」シリーズのお話を紹介します。



 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/229-93655e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。