アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今村由男さんと傍嶋飛龍さんのアトリエを訪問しました!!

 8月17日から20日まで旅行をしました。

 初日は名神高速から中央高速に入り飯田市の版画家今村由男さんの新アトリエを訪問しました。

 数年前にアートゾーン神楽岡のお客様を募って今村サンのアトリエを訪問しましたがその時は新アトリエ建設途上で内装は未着工でした。

 内装については今村さん自身が材料を購入加工し粘り強く数年かかり整えてこられ今回訪問時ではほぼ完成していました。

新アトリエの外観
 アトリエ3

新アトリエ内:玄関周辺の床には御影石を、それ以外はボードを市松模様に加工し貼ってあり、これら全て今村さんの手によるものです。
アトリエ2

新アトリエの1階から2階を見上げたところ。8割がた完成です。
アトリエ

南アルプスが見渡せるこの新アトリエは10月には完成の予定だとのことでした。

また、ご自宅兼アトリエも訪問しました。

ご自宅兼アトリエ:作品がたくさん並んでいました。
今村宅

あくる日は奥様にご案内頂き飯田市内に点在する今村サンの作品見学めぐりをしました。

医者宅のサイン・オブジェ:こんな仕事もされています。
街頭作品1

公園のサイン:デザイナーの仕事です。この公園のサインは全て今村さんのデザインによるものでした。
街頭作品5

他にも色々見せていただき、今村さんが飯田市の公共施設のデザインを幅広く委託され制作されていることがわかりました。しかし、今村さん自身はあくまでもご自身は版画家でデザインは生活の糧なんだそうです。

ところで、飯田市にのんび荘という宿があり美味しい「そば」を出してくれます。夜はその宿で今村ご夫妻と一杯交わしながら珍味を味わいました。

のんび荘
のんび荘

2日目はマルチ・アーチストの傍嶋飛龍さんのアトリエに向いました。

 傍嶋さんは多摩美術大学では版画専攻だったのですが今はペイントを主にされています。しかし、陶芸、ガラス工芸、万華鏡制作、「じゃねんず」というグループで演奏活動など幅広い表現活動をしています。

 傍嶋さんのアトリエは相模原市藤野で、傍嶋さんの職場でもある「藤野芸術の家」から15分ほど車でかかる山村にあります。その村は11所帯しか住んでないそうです。

傍嶋さんのアトリエ:300坪ほどある広い敷地に大きなアトリエが建っています。
 飛龍アトリエ概観

アトリエの玄関:玄関の取っ手などは芸術家仲間の作品です。
飛龍玄関

アトリエ内部:当店で11月開催の個展のために制作中の作品です。楽しみですね。
飛龍アトリエ

万華鏡制作の台:
飛龍アトリエ2

作品制作中の傍嶋飛龍さん
飛龍アトリエ3

藤野芸術の家で制作指導をされている傍嶋さんと傍嶋さんの弟さん:弟さんも芸術家でVOCA賞受賞者です。
飛龍・弟さん

 今村由男さんと傍嶋飛龍さんのアトリエ訪問を終えた後、富士五湖を経て静岡に更に一泊した後京都に帰ってきました。

 最後にアナウンス

 ◎今村由男さんの作品を下記グループ展で展示します。

 パリで研鑽した作家たち~文化庁在外研修員とコントルポアン作家展~
 8月27日(金)~9月5日(日)11:00-19:00 水・木休み
 出展作家:今村由男、大矢雅章、斉藤修、エクトール・ソニエ、阿部彰


 ◎傍嶋飛龍さんの個展の案内です。

 傍嶋飛龍展(サブタイトル:未定)
 11月12日(金)~28日(日)




 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/252-1c0d9e0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。