アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターリスト藤井敬吾さん、版画家小越朋子さん大いに語る

昨日「藤井敬吾と藤井由美のヴァイオリンとピアノの調和」というコンサートを開催しました。

演奏に先立ち個展開催中の小越朋子さんから挨拶とリトグラフ制作の説明をしていただきましたが、7,8版を重ねこの色調を出すと版画工程の複雑さを聞かされ、聴衆は驚きと感嘆の様子でした。

コンサートはドビッシーの「アラベスク」からはじまり、「粉屋の踊り」、「羽衣伝説」、「アルハンブラ宮殿の思い出」、「火祭りの踊り」など2時間近く高度なテクニックに裏打ちされた素晴らしい演奏でした。

ご夫婦の息の合った演奏に時間を忘れましたが、特に「羽衣伝説」はスペインから帰国し日本の良さを再確認し作曲されたものだけに全身痺れが走るほど感動しました。「羽衣伝説」は日本各地にあるようですが今回は沖縄の伝説の部分を弾かれました。

演奏の合間にスペイン滞在中の苦労話として家賃は滞納、食べるものも食べられずの生活の中で挫折を感じ帰郷寸前に、ギターの先生からレッスン代免除で教えいただき感激しレッスンに打ち込んだ話とか、また、スペインの大きいコンクールで2回優勝したけれども、逆に現地演奏家から冷遇された話など聞き、並みの努力ではなかったのだと悟った次第です。

演奏終了後懇親会で藤井ご夫妻、小越朋子さんのご家族を交え遅くまで懇談し有意義な時間を過ごすことができました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/26-f973969d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。