アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舟田潤子作品を見ると元気が出るわけは?

 舟田潤子作品を見ると楽しくなり元気が出ますね!何故でしょう?

可愛い作品

 上のちっちゃな作品は初期のものです。どれもかわいいでしょ!舟田さんは小さい頃お菓子屋さんになりたかったそうです。お菓子を作ったり、お料理をしたりが大好きで、だからお菓子を見れば空想が広がっていろんなものに変身するのですね。

タイトルを明かしましょう!どれもドライポイントの線が効果的ですね。

左上  マシュマロ・ハウス
左中上 ミルク・ティタイム・ボート
左中下 パイク
左下  ライトハウス
中上  ダイス・ハウス
中々上 ヴァイオリン・バグ
右上 キッチン・ペーパー・ハウス
右中 ブラック・ペパー・ハウス
右下 クロコダイル・ウォッチング

 スペインにカダケスと言うきれいな町があります。その近くにはダリ自身が構想して作ったダリ美術館があるのですが、その町が毎年カダケス国際ミニプリント展を開催しており舟田さんが今年入賞しました。

下の作品がそれです。タイトルはピーコック・トンネル。

カダケス受賞作

 孔雀のトンネルとは! 数匹の孔雀が羽を拡げトンネルを作るなんて!想像するだけで楽しくなりますね。

 舟田さんは「楽しく作り続けたい!」そして「人を楽しくさせたい!」と!

 小さい頃から、いろんなものを作り友達に上げたりして喜んでもらうのが嬉しかったそうです。

 今もその気持ちが持続していて、私達をハッピーにしてくれるのです。

 彼女の作品を見て、元気になりましょう!!不景気な顔を吹っ飛ばせ!!


 舟田潤子展 FUNADA JUNKO -CANDY SIRCUS-      ~17日(日)
 

 
 



 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/263-6de813a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。