アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の絵画オークション会社、日本進出!

今日の朝刊に中国最大のオークション会社が日本に進出するとの特集記事が載っていました。

中国経済が近年大飛躍し株式、不動産、美術などの市場が賑わっているらしく、中国最大のオークション会社が海外に流出した中国の美術品を本国へ還流させようとの目論見があるようです。日本には唐、宋、明の絵画や書、陶磁器が戦前からかなり入っています。

この会社は北京に本社があり、年間約250億円の成約があるとのことですが、日本の美術市場の総売り上げが年間3000億円といいますから、この1社だけで日本の1/10弱を売り上げているのです。中国はひょっとすればバブル状態なのかもしれませんがそれにしても驚きです。

最近、日本のオークション市場もオークション会社が増え、徐々に活発になってきてますが天気でいえば大雨が小雨になった程度でしょう。

かって日本では行き過ぎた美術品投資がありましたが、今はすっかり冷え込みせっかく収集した良品が再び海外へ還流しているようです。

また、プライス・コレクションのように日本の貴重な美術品である若冲や蕭白や抱一や芦雪などを海外から借りてこなければならないなさけない現状です。

確かに経済大国に美術品が集まるのでしょう。しかし、日本が文化国家を目指すなら収集した良質の美術品を散逸させずにいかに残していくかも国策として考えるべきでしょう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/27-9965e93c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。