アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶演奏とマツダジュンイチ作品が融合し盛り上がる!!

 10月24日(日)15:00から琵琶を中心にした邦楽演奏会、題して「邦楽仙遊<風に音あり雪に色あり>」を開催しました。

 琵琶の師匠菅公香先生は82歳ながら、かくしゃくとした姿勢で琵琶演奏をしながら朗々と謡い、その声量に驚き感動しました。先生は6歳から琵琶を学びある流派の宗家として後輩を指導されて来られたようです。

 曲目は「羅生門」です。羅生門に出没する鬼を渡邉綱が鬼の片腕を切り落とし退治する話ですが、マツダジュンイチのぎゃらりーの側面を埋め尽くした白黒の作品と、戸外での強風の音とが相乗効果を呼び、臨場感を高めました。

菅公香

 また、甲斐元薫先生の胡弓の演奏や、平家琵琶の演奏も興味深いものでした。

 甲斐先生は邦楽器なら何でもこなし、その上、裏千家のお茶の先生です。

 演奏後の懇親会では琵琶の説明などお聞きしました。琵琶が邦楽器として確立したのは明治以降のようです。また、筑前琵琶は表が桐、裏が桑、平家琵琶、薩摩琵琶ともに両面とも桑で出来ています。筑前琵琶は音色がやわらかくきれいな音が出ます。それに比して平家琵琶、薩摩琵琶とも荒々しく勇壮な曲にあっているとのことです。

 胡弓は馬の尻尾が弓として使われていますが、弓は垂れる様にゆるく張られており、弾く時も胡弓の弦にゆったりと馬の尻尾が触る程度にして弾くと良い音が出るようで、揺らぎのある不思議な音色でした。

 その他、箏や三弦の演奏もマツダジュンイチ展に相応しく会場は盛り上がりました。

 なおマツダジュンイチ展は~11/7(日)までです是非ご覧下さい。








 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/270-fd38beee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。