アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LITTLE CHRISTMAS 2010 の衝撃!

 林孝彦さんが中心となって立ち上げ46名の版画作家が参加して全国の22店舗のギャラリーで展開しているLITTLE CHRISTMAS 2010-小さな版画展-は各地で思わぬ大きな評価を得ています。

 例えば、愛媛県松山市のR画廊では60点を越え、山口県周南市のP画廊では90点を越え売れたと聞いています。

 当店も展示中ですが80点を超え予約が入っています。

 経済文化の中心は東京に集中し、一方で長引く経済の低迷で地方が疲弊しているといわれています。

 特に文化芸術は東京に集中し、新しい美術館も東京にどんどん建ち開設され、東京以外のところは取り残された感が漂っているかのようです。

 地方の人たちは新しい文化芸術に接触できるチャンスはほとんど失われています。

 このような状況の中で、LITTLE CHRISTMAS 2010-小さな版画展-は全国展開しました。

 小さな版画展というようにA4サイズの用紙のなかに込められた版画は複数性の利点を活かし、全国各地のギャラリーを掛け巡り、地方の人たちの文化意識を刺激したのでしょう。

 版画家たちが真剣に取り組んだ成果が今回出ました。

 小さくても立派な作品として自立したものばかりだったので、地方の人たちの期待に応えられたのでしょう。

 クオリティの高い版画であれば美術品が一部の富裕層の独占物ではないのだということを今回の企画展は証明してくれました。

 版画家たちは2011年もこの企画を継続することを決意しました。

 


 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/281-81bccf1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。