アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新設の京都府立宇治支援学校メイン・フロアに舟田潤子作品が飾られる!!

 宇治支援学校と桃山養護学校が合併した京都府立宇治支援学校が宇治市広野にあった府立城南高校の跡地にこの4月新設オープンします。

 この学校は知的な障害のある子供たちや肢体の不自由な子供たちに対して「喜びはともにあること」を理念に、「自律~生活に生きるすべを学ぶ~」を目標に専門的サポートを付する特別支援教育の小学校、中学校、高等学校を併設する学校です。

 この学校の理念や目標を具体化するために開設前から、様々な準備をされてきました。設置基準に必要な施設設備はもちろんのこと例えば新たな校章を作ったり、校歌を定めたりなど、さらに子供たち、先生たち、父母達が必ず通り抜ける学校の中心を占める1階フロアの壁面に舟田潤子さんの作品が選ばれ展示されることになりました。

 3月18日(金)午後から舟田作品(サク サク サクラ)の取り付けがあり、取り付け後簡単なセレモニーが行われました。

 取り付け前の壁面です。殺風景で寂しいですね。
2011.3.18設置前

取り付け完了です。
2011.3.18壁面設置

舟田作品を教職員の皆さまにお披露目するため簡単なセレモニーが行われました。
2011.3.18オープニングセレモニー

舟田さんが絵の説明をしています。
2011.3.18セレモニー・絵の説明

先生から舟田さんに花束の贈呈です。
2011.3.18花束授与

舟田作品が展示されている広いフロアは生徒達や先生たちやお母さん、お父さんたちがのびのびと語り合えるように上品でカラフルな器具や椅子が入りました。(3月30日撮影)
2011.3.30展示1

同じ場所の近景です(3月30日撮影)。
2011.3.30展示2

 舟田さんの絵が子供たちに大きな喜びを与え、のびのびと成長していく力を与えるものと思っています。

 支援学校の理念と目標を一歩一歩実現していくために、この絵を飾って終りではなく、例えば定期的に舟田さんによるワークショップを行い子供たちに「ものづくり」の楽しさを伝えることも行っていくことになっています。

 舟田さんが支援学校の理念と目標の実現の一端を担うことが出来るのはこの上ない喜びでもあり、また、このような息の長い取組みをすることにより作家として更なる成長を遂げられるものと思います。

 高い理念と目標を掲げた支援学校の仕事に関わることができたアートゾーン神楽岡としてやりがいのある仕事で、支援学校の発展のためにも出来る限りの尽力を惜しまないつもりです。

 なお、京都府立宇治支援学校開設については京都新聞山城版(3月30日付け朝刊)に大きく紹介されました。




 









 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/298-2863c274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。