アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綿引明浩展始まる!

 今日から綿引明浩展が始まりました。

 綿引明浩展 4月8日(金)~24日(日) 

綿引明浩の描く作品はいずれも顔のない奇妙な人間や動物がいろんな場所や空間に出没し、跳ねたり飛んだりしており、不思議な情景をカラフルな色彩で描いています。

 展示風景2

 上記中央の絵は「丘の上の詩人が愛した眺め」というタイトルの大きな絵です。

 丘の上からお城と湖水と森と公園が、少し遠方に庶民の町並みが見下ろせます。

 空には羽の生えた天使が飛び、その湖水には白鳥がのどかに泳ぎ、公園では角ばった変な犬が吠え、花の顔をした犬が歩き、YやOや十字の顔を持った謎の人たちが散歩をし、セザンヌの絵を持った帽子を被った画家が歩き、赤い大きなテントを内から支えながら歩く人たちもいます。

 城の屋上には手の顔をした思索する人がイスにかけ、巻き貝の顔をした人がラッパを吹いていたりしています。

 実際にこんな人や動物や植物がいれば気味悪いと思いますが、綿引明浩が描く世界は詩人が描くイメージに変身しておりユーモラスで爽やかな世界になっています。

 長時間眺めていても飽きない楽しい世界ですね。

 もう一つ紹介しましょう。

 展示風景3

 こちらは壁面に4つアクリル絵を飾っています。

 これらも不思議なキャラクターがサーカス小屋で活躍していたり、町並みに徘徊していたりしています。

 また、アクリル画以外にアクリルにペイントしたクリアグラフもたくさん展示していますので是非ご覧下さい。

  


 

 

 

 

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/299-bf12d34a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。