アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅田美代子銅版画展を見る

梅田美代子

ギャラリー恵風で開催の梅田さんの個展を見に行く。梅田さんには来年12月(先の長い話ですみません!)に3人展(黒田さん、吉田さんとともに)を「AZ神楽岡」で開催の計画です。
相変わらず、おとぎの国のようなかわいい新作ばかりを展示されていた。しかし、確かな技術に支えられた梅田ワールドが展開されている。
梅田さんは京都造形芸術大学の先生です。初等教育、中等教育の現場では美術教育が希薄に成ってきていること。美術大学の最近の学生は教えていても個展を見に来ないこと。芸大では多様なメニューを用意しているのに積極的に履修しないこと。など憂うべき現状を訴えられた。
ギャラリーオーナーとしても、芸大生が見に来ないこと。売り込みに来ないこと。などを話し盛り上がった。でも、
この憂うべき状況の打開方法はあるのでしょうか?
くしくも、全国の高校現場で必須の世界史などを履修させず、受験科目だけを教えていたなど小中高一環受験システムが教育現場で構築されていて受験科目しか教えないという憂うべき状況です。美術、音楽、体育などは蚊帳の外なのでしょう。これでは文化国家は形成できませんね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/3-299bae7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。