アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

版画家釣谷幸輝の版画集は見逃せない!

 釣谷幸輝展を開催中です。

 弊店で初めて取り扱う作家で期待をしていましたが、期待以上のすばらしい作品が出展されています。

 金澤美術工芸大学油画専攻卒業後銅版画に嵌り今日至ってるそうで、メゾチントの醸しだす黒色は独特のコクのある色合いです。黒は黒でも三色を混合しているそうです。

 また、メゾチントはベルソーという道具で銅版画に縦横細かい線を入れていく作業が必要ですが、彼はベルソーに替わる機具を独力で創作するなど銅版画に取り組む姿勢は半端ではありません。

 作品そのものも気品があり言われぬユーモアを湛えています。文学的センスが作品からあふれ出ていて知的刺激を大いに受けます。

 今回出品の赤頭巾ちゃんシリーズの版画集をご覧下さい。メゾチント作品15枚(税別10万円)で構成されています。エディションは10ですが既に8セット売り切れで2セットしか残っていません。

釣谷幸輝版画集(銅版画)1
釣谷幸輝版画集(銅版画)2
釣谷幸輝版画集(銅版画)3

 釣谷幸輝はまた木口木版にも取り組んでいます。腫れの文学的センスは遺憾なく発揮されていて軽妙なユーモアを含んだお洒落な画集を作りました。

 タイトル『ケルプ博士の奇妙な発明』(14点 税別10万円)です。産業革命のビクトリア時代に活躍したとされるある博士の発明を紹介しているのですが思わずニタリとする発明ばかりです。

釣谷幸輝版画集(木口木版)1
釣谷幸輝版画集(木口木版)2
釣谷幸輝版画集(木口木版)3

 かっては版画家と詩人のコラボレーションでセンスの良い版画集が出ていた時代がありました。しかし、このような文学的センスのある軽妙な版画集は久しく見てこなっかただけに新鮮で今後が益々楽しみです。

 弊店も積極的に推薦します。 

 釣谷幸輝展は7月5日(火)までです。是非ご覧下さい。 




 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/314-57be5d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。