アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本版画協会展、京都市美術館で開催中!!

 第79回日本版画協会展が昨日から始まりました。

 8月10日(水)~14日(日)
 京都市美術館にて

 昨晩は授賞式が京都グランヴィアホテルで開催され出席しました。

授賞式2
上記は中林忠良会長から授与です。

 ところで、今日版画協会展をゆっくりと見学いたしました。

 京都精華大学出身のツツミアスカさんが山口源新人賞受賞。熱帯性植物だろうか、メリハリの利いた色彩で表現し迫力ある作品になっている。成長著しく今後の展開が楽しみです。

 日本版画協会賞受賞の李元淑さんの作品は大きく捉え大胆に配置した構図と細やかな色彩感覚が絶妙にミックスしている。

 賞候補では野嶋革さん、岡本光弘さん、金昭希さん、茶之木絵里さん、山本彰さんなど

 それ以外でも、棚橋荘七さん、竹内秀実さん、河原崎里佳子さん、下河智美さんなどに注目しました。

 さらに、小品に優れたものが多く見られました。

 B部門奨励賞の安河内裕也さんの作品は重厚で見ごたえあります。賞候補の武田あずみさんの作品はブラックユーモアが効いていて文学的です。それ以外の賞候補の小作品はどれもユニークで粒ぞろいでした。

 全般に、今年は初めて名前を見るような新人の作品もレベルが高く見ごたえがありました。

 木版制作する人も多くなりました。確実に若い世代が育ってきていますね。







 

 今年は、小品に優れたものが多く見られました。
 


 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/324-b31576f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。