アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/20(土) 林家染雀さんの磨きぬかれた話芸に爆笑と堪能!

今、落語がブームだそうです。大阪に期待の上方落語のホームグランド「天満天神繁昌亭」が発足しました。

当ギャラリーでは林家染雀さんの落語勉強会を2004年1月からはじめていますがこんなにブームになるとは思ってもみませんでしたね。

以来年2回正月と夏季に開催する「染雀の会」も昨日で7回目になりました。

染雀さんは林家染丸一門。研究熱心で芝居噺、音曲噺など本格的な古典落語に取り組み、また日本舞踊、三味線などいろんな芸能にも挑戦し、芸域を広げており、その話芸は益々磨きがかかってきています。

昨日は新しいネタを披露。
主人の大切な持ち物を置いたところを忘れた番頭が、そろばん占いでその居所を突き止めたように主人に見せかけたためにひと騒動。
番頭は占いの神通力は3回しか通用しないと言ったためにさらに2回目、3回目の占いをしなければならない羽目になるお話しです。
しかし、何故か番頭にはツキがあって依頼された難問が事前にわかりみごと占いが通じます。
その間に登場する人物と番頭の駆け引きが本当に面白く思わず笑いがこみ上げてきました。

染雀さんはインテリ落語家で、アメリカ、ロシア、インドネシアなど海外でも落語をし、今年はコロンビアに行き落語をされるようです。

若手落語家の中でもその実力では抜きん出ている染雀さんの噺を聞かない手はないですね。
次回7月開催時には大勢友達を誘って参加してください。
とにかく面白さ抜群で、おもわず唸りますよ!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/51-dbf8473d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。