アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/25(日) コレクターを囲み和やかに懇親!!

 「コレクターが持ち寄る珠玉の作品展」(2/16~2/27)のコレクターとその知り合いが集う日とした25日(日)にはコレクター6名とその知り合いが集まりにぎやかなパーティとなりました。

 アメリカ人のコレクターであるゴードンさんはコレクション暦40年で、1作家1作品蒐集を心がけ数多くの版画コレクションからドイツ表現主義のオットー・ディックスなどの逸品を展示していただきました。

 今回のコレクターの中で最年少の星越さんはグワッシュで描かれたフォートリエの作品など玄人好みの作品を出展して頂きました。

 コレクション暦50年になられるのでしょうか。20歳代から蒐集されてきた大藪さんは国内外幅広く蒐集されてきて、今回は東山魁夷の初期のオリジナル版画や関野潤一郎の代表作などを展示していただきました。

 具体美術の作家などとともに青春時代を過ごし、それらの作家とともに接し蒐集してこられた川合さんは浮田要三の近作などを出展してくださいました。

 先代から引き継いだ油彩などを大切にされている村田さんからは文楽人形の首(かしら)や柳田基の蔵書票などを並べていただきました。

 現在、木版画を本荘正彦先生から学んでおられる渋谷さんは本荘先生や篠原ケイジの木版画作品などを出展して頂きました。

 古地図を蒐集されている谷口さんからは日本を取り上げた中から非常に珍しい1595年制作の日本地図などを出展いただきました。

 東京に本拠があり、京都が好きで好きでたまらず当ギャラリーによく足を運んでくださる熊崎さんはひびのこづえの世界の建物をあしらったドレスを出品してくださいました。

以上8名の内所用でこれなかった川合さんと村田さん以外が集いました。それぞれが侃侃諤諤のコレクション自慢を戦わしたり、来客に説明したりで楽しく和やかな時間を過ごしていただきました。
 20070227131408.jpg


20070227131337.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/66-0aa1a0ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。