アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/5(祝) 京都府公立小中学校図書館の蔵書率が低いのは何故?

 今日の日経新聞(5/5)に公立小中学校の図書館で、国が定めた目標冊数を超えて蔵書を用意しているか否かの各都道府県別の蔵書率を掲載していました。文部科学省の調査報告です。

 これによれば京都府の小学校は27.8%で都道府県の中で下から8位、中学校は19.6%で下から4位でした。

 ちなみに小学校の最上位は岐阜県で84.7%、最下位は北海道で
15.8%、中学校の最上位は山梨県で68%、最下位は青森県で11.9%です。

 それにしても京都は何と低いのでしょう。文化都市といわれ大学の数も多い京都の公立小中学校が何故こんなに低いのか。これは京都府行政の怠慢としかいえませんね。

 蔵書率が低い理由の一つとして文科省は地方自治体の財政難をあげています。

 しかし、京都は他府県と比べて財政状況が劣悪なんでしょうか。

 京都の将来を担う子供たちにもっともっと予算を割くべきではないでしょうか。もっともっと子供たちに本を読ませる環境をつくりましょう。

 京都の数ある大学に進学するのは他府県の高校生のほうが多い原因は案外この公立小中学校の蔵書率に現れているのかもしれません。

文化都市が泣きますね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/83-9a1cd4a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。