アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/5(祝) 京都からうれしい話題を2つ!

 新聞を見て京都の公立小中学校の蔵書率が低いことに嘆きましたが、明るい話題もありました。

その1.
 世界に誇る京都の任天堂の宮本茂氏が米タイム誌の「世界で影響のある100人」に選ばれました。
 
 宮本茂氏は子供なら誰でも知っているスーパーマリオを作り出したゲームクリエーターですね。

 実は、当方は同志社大学に以前勤務していました。茂氏はその時お世話になった宮本英男先生のご子息ですが、宮本先生は2003年にギャラリーをオープンしてから2度ほどお越しくださいました。

 先生とお話している内にゲームのことに話が及び「実は私の息子がスーパーマリオを開発したんですよ」と恥ずかしそうに応えられたのをこの記事を見て思い出しました。

 私はPCゲームにそれほど関心はありませんでしたが私の甥にこのことを話したところPCゲームの神様だといって驚いていたのを今も思い出します。

 その後、確か同じ年の12月に宮本茂氏はギャラリーにお立ち寄りいただいたのですが多くを語らずじまいで残念なことをしました。
 もし、今度お越しいただいたら色々お話をお伺いしたいと思っています。


その2.
 現代美術の新人作家の発掘と育成を目指したプロジェクト「アート・アワード・トーキョー」を芸術系大学教授らが始め、そのプロジェクトに京都造形大学の後藤繁雄教授が一枚加わっておられます。

 私は京都造形大学アートプロデュース学科の公開講座に出席しており、その指導に当たっているのが後藤先生なので関心を持ちました。

 従来、美術系の大学は在学中にプロとしての心構えやプロになる方法論などを教授することは一切なく卒業生は原野に放り出された状態だったのです。卒業生は自分で道を切り開くしかなかったのですね。

 そのような環境を切り崩す試みの1つとして今回のプロジェクトを起こされたのでしょう。

 日本の低迷する美術界を活性化させるために是非成功させて欲しいものです。

 東京に事務局を置き、第1弾の展示会が東京駅から皇居に向かう新設地下道路で行われます。

 東京芸大や京都造形大学など美術系7大学の卒業生たち51名が選出されたとのことです。

 京都から東京へさらに世界へ果敢な挑戦をして欲しいものです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/84-9491a61c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。