アートゾーン神楽岡美芸短信

ギャラリストが様々な角度から日記風に伝える展示会通信です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/28(月) 韓国のヘイリ芸術村を知っていますか?

 ヘイリ芸術村はソウルから地下鉄で1時間弱のところに新たに開拓された芸術村です。

 この村は1994年から構想され、現在も開発途上で、既に美術、音楽、演劇、映像、写真、彫刻、工芸、文学、出版、学術に関する作家、約300人が住みつき、音楽・演劇・舞踏、伝統芸術等の公演会場や、野外会場や、美術館、博物館、ギャラリーなど文化芸術に関する施設が集中しています。

 この芸術村において「アートゾーン神楽岡」で個展をした二人の作家がビッグイベントを開催、参加しています。

 その一人は青木野枝さんです。

 青木野枝さんはおしもおされぬ彫刻の第一人者で従来の「塊」としての彫刻を打ち破り、鉄材で「浮遊する彫刻」とも言うべき作品を制作し続けています。鉄板を溶断し、溶断したものを円形状に溶接リンクさせ円形を増殖させるなど革命的な仕事をし続けている女性作家です。

 その野枝さんがヘイリ芸術村で4月中旬からほぼ1ヶ月の大規模な個展を開催されました。展示の内容は大型野外彫刻4点、大小あわせて数十点と新作ドローイング、コラージュ、版画全作品です。
 20070528164200.jpg
(アートゾーン神楽岡にて個展 04/6)

 もう一人は舟田潤子さんです。

 潤子さんは大学を卒業してから2年しかたっていない新人です。しかし、昨年9月大野城版画ビエンナーレで池田満寿夫大賞を受賞するなど大活躍、季刊誌「版画芸術」に紹介されたことから東京の老舗画廊から声がかかり、なんと7月にヘイリ芸術村で開催される「ヘイリ・アジアプロジェクトⅡ-日本現代芸術祭」に版画部門代表で出ることになりました。

 「ヘイリ・アジアプロジェクトⅡ-日本現代芸術祭」とは日本現代美術を代表する作家はもちろんのこと、現在活発な活動をしている若手の作家の作品を一同に展示するものです。現在の日本美術の動向を紹介する大規模な展示会であらゆるジャンルから40名ほどが紹介されます。
 IMG_7213.jpg
(佐藤陽子さんから池田満寿夫大賞受賞)

 「アートゾーン神楽岡」が個展をした作家が海外に活躍の場を広げていくことは本当にうれしいことです。(04/6青木野枝展 06/9舟田潤子展)

このお二人の2回目の個展を下記の通り開催しますのでご期待ください。

 ◎6/22(金)~7/10(火) 青木野枝展 
 ◎2008年7月予定 舟田潤子展 




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artzone.blog80.fc2.com/tb.php/89-6a6f790e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。